鼻炎

鼻炎で引き起こされるいびきのメカニズムと解消法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/24

あまりにひどいと周りの人に不快感を与えてしまいかねない「いびき」。いびきの原因はさまざまですが、鼻炎による鼻づまりも原因のひとつです。鼻炎によっていびきが起こるメカニズムや、その解消法について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

鼻炎で鼻がつまると、いびきをかきやすくなります。鼻炎が原因となって引き起こされるいびきのメカニズムや、その解消法について解説します。

鼻炎がいびきの原因になる?

睡眠時の異常雑音であるいびき。呼吸時の空気の通り道である上気道が狭くなると、そこを空気が通る際に周囲の組織が振動していびきが発生します。

いびきを引き起こす原因となるものとしては、睡眠時無呼吸症候群や、風邪、疲労、飲酒などさまざまありますが、鼻炎も原因のひとつです。

いびきが出る鼻炎の代表格として、ダニや花粉などに反応して鼻水やくしゃみが発生し、鼻づまりが起こる「アレルギー性鼻炎」、アレルギーなどにより、慢性的に鼻炎状態が続くことで鼻の粘膜が厚くなる「肥厚性鼻炎」があります。鼻炎により鼻がつまり、狭くなった鼻腔を空気が通るときや、狭いところを通り抜けてきた強い圧の呼気が軟口蓋にぶつかり、いびきとなります。

鼻炎が原因のいびきは、鼻炎を治療すればいびきも改善する可能性が高いと言えます。

このほか、いびきの原因となる鼻の病気としては、鼻腔の奥にある空洞(=副鼻腔)の中に膿が溜まる「副鼻腔炎」や、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因で鼻の中にポリープができる「鼻茸(はなたけ)症」などがあります。

鼻炎による鼻づまりの治療法

いびきが鼻炎によって引き起こされている場合は、鼻炎による鼻づまりを解消することがいびき改善の近道です。

アレルギー性鼻炎で鼻づまりが起こっている場合は、抗ロイコトリエン薬、抗トロンボキサン薬、ステロイド点鼻薬といった薬剤を重症度に合わせて使用します。

また、鼻の粘膜の腫れの原因となる、粘膜の内側部分の血管の腫れを解消するために血管収縮剤が使われることもあります。血管収縮剤が入った点鼻薬を使用することで血管を収縮させ、鼻呼吸をらくにさせるのです。血管収縮剤の点鼻薬はよく効きますが、効果は一時的です。さらに、使い続けるとかえって鼻炎を引き起こす原因となるため、鼻アレルギー診療ガイドラインには、重症の鼻炎の場合にのみ、1日の回数と使用期間を制限して使用するよう書かれています。

また、鼻の中の出っ張っている部分(下鼻甲介)の肥厚した粘膜にレーザー照射を行い、気道を広くして鼻づまりを解消させる方法もあります。局所麻酔を使用するため痛みも少なく、入院の必要もありません。

なお、鼻づまりを解消してもいびきが改善しない場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので、詳しい検査を受けることをおすすめします。

鼻炎の症状と対処法についての関連記事

鼻炎 サブテーマ

鼻炎の症状と対処法 記事ランキング

fem.リサーチ