ADHD

ADHDとは

更新日:2017/09/14 公開日:2016/05/20

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター

ヘルスケア大学参画ドクター

シェアする

発達障害のひとつである「ADHD」は、学齢期の子供の3~7%に見られます。別名「注意欠如多動症」とも呼ばれるADHDとは、いったいどのような病気なのでしょうか。ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

「ADHD」は発達障害の一種ですが、子供だけでなく、大人にも見られます。ADHDはどのような病気なのでしょうか。

ADHDとは?

ADHDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略です。Attention Deficitは注意欠陥、Hyperactivity Disorderは多動性障害を意味します。

ADHDはかつて「注意欠陥多動性障害」と言われていましたが、日本精神神経学会のガイドラインの変更(診断マニュアルDSM-V)により、最近では「注意欠如多動症」と言うようになりました。病院によっては「注意欠如多動性障害」または「注意欠損多動性障害」と言うこともあります。

ADHDは、集中力がない「不注意」、落ち着きがない「多動性」、考える前に行動する「衝動性」の3つの症状を主とする発達障害のひとつで、学齢期(小・中学校)の子供の3~7%(30人中1~2人)に見られます。

女子よりも男子の方が3~5倍多く、病気が見つかる診断時期も、女子が12歳頃なのに対し、男子は8歳以前と早い傾向があります。また、この症状が大人になっても改善せずに残る場合を「大人のADHD」と呼んでいます。

ADHDの症状は?

主に、不注意、多動性、衝動性の3つの症状が特徴です。

不注意

ひとつのことに集中することができず、また、細かな部分に注意を払うことができないため、単純なミスが多くなります。持ち物や約束の時間を忘れがちといった特徴もあります。

多動性

じっと席に座っていられず歩き回ったり、座っていても絶えず体をくねらせたりと、体の動きをコントロールできず落ち着きません。過度にしゃべるのも特徴で、話しだしたら止まらないといった特徴もあります。

衝動性

やりたいと思ったらその気持ちを抑えることができず、ルールや周囲の反応を無視して行動に移してしまいます。具体的には、順番を待てない、人の会話やゲームに割り込む、質問を最後まで聞かずに答えてしまうなどです。詳しくは、『ADHDの主症状(1)多動性』『ADHDの主症状(2)不注意』『ADHDの主症状(3)衝動性』をご覧ください。

ADHDで起こる問題は?

ADHDの症状によって、周囲とトラブルを起こしやすい、学習が遅れがち、反抗的な行動をとる、情緒が不安定になりがち、劣等感を抱きやすく自己評価が低い、などの問題が起こりやすくなります。そのため、心の痛みを強く感じている子供が多くみられます。また、学習障害などほかの発達障害を併発しやすく、学校生活への影響も大きくなります。詳しくは、『ADHDの子供に起こりやすい問題とは』『ADHDと合併しやすい障害』をご覧ください。

ADHDの検査・診断方法は?

ADHDの診断基準はアメリカ精神医学会の「精神疾患の診断とマニュアル」です。これは、大人と子供の双方に共通の基準となり「DSM(Diagnostic and statistical manual of mental disorders)」という名前で呼ばれています。数回の改定を経て2013年に「DSM-V」が発表されています。医師は、DSMの診断基準と照らし合わせ、職場や学校での様子や悩み、今までの既往歴などを問診していきます。子供のADHDで受診した場合は、子供と保護者の両者とも詳しく問診が行われます。必要に応じ、身体検査・頭部画像検査(MRI)・脳波検査などを行い、他の疾患や障害による症状の可能性はないかの確認がされ、最終的な診断を下します。

また、大人と子供では問診を受けるうえでの注意点が違う部分もあります。詳しくは『大人のADHDの診断はどのように行われる?』『子供のADHDの診断法』をご覧ください。

ADHDの治療法は?

まず、周囲の人とのかかわりなどの人的環境を含めた環境を整えたり、本人が適切な行動を学んだり、親が対処法を学ぶなどの教育・療養的支援が行われます。そのうえで、必要に応じてADHDの諸症状を改善する治療薬が処方されることもあります。詳しくは、『子供のADHDの治療法』をご覧ください。

大人のADHDとは?

大人のADHDは、大人になってから発症するものではありません。子供の頃からの症状が大人になるまで残ってしまう場合と、大人になってから診断された場合のことを言います。後者は、社会人になって仕事に支障をきたすことが多くなり、ADHDを疑って受診したところADHDと診断された、といったケースです。ADHDの子供の70~80%は、大人になってもなんらかの症状を持っているといった報告や、大人のADHD患者は約1.65%というデータもあります。詳しくは、『大人のADHDの症状について』をご覧ください。

このように、ADHDは子供にとっても、大人にとっても決して珍しい病気ではありません。思い当たることがあれば早めに医療機関を受診し、きちんと診断を受け、対処していくことが大切です。

ADHDの基礎知識についての関連記事

ADHD サブテーマ

ADHDの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ