ADHD

ADHDの主症状(1)多動性

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター

ヘルスケア大学参画ドクター

ADHD」の主症状のひとつ「多動性」とは、どのような症状なのでしょうか。多動性の具体的な症状と、普段の生活の中でどんなことが苦手になるのかについて、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

発達障害の一種「ADHD」には、主に3つの症状があります。そのひとつである「多動性」とは、どのような症状で、どんなことが苦手なのか、以下で解説します。

ADHDの多動性の症状とは

多動性の症状は、体の動きだけでなく、口もよく動くことが特徴です。ただし、活発ということではなく、体の動きや口の動きを自分でコントロールすることができないため、じっとしていられない、しゃべりだしたら止められない、もじもじと手足を動かし続けてしまう、といった行動が見られます。

どんなことが苦手なの?

多動性の症状によって、日常生活では以下のようなことが苦手になります。

授業中にじっと席に座っていることが苦手

多動性には「移動性多動」と「非移動性多動」があります。移動性多動は歩き回ってしまうことが特徴で、授業中に先生が着席を促しても歩き回ったり、ほかの子に話しかけてしまったりします。

非移動性多動では、席に座っていることはできても、常にそわそわと落ち着きのない状態が見られます。体をくねくねさせる、手で物をいじる、足をバタつかせる、姿勢が悪い、ずっと落書きしているなどです。

余暇活動におとなしく参加することが苦手

休み時間やお昼休みといった余暇の活動時に、適度に遊ぶことが苦手です。過度に走り回ったりよじ登ったり、時間や周りのことを忘れて夢中になりすぎたり、気になることがあるとそちらに行ってしまう、といった行動が見られます。

黙っていることが苦手

話しだすと止まらない、大きな声で一方的にしゃべる、会話に割って入る、話しの内容が次々と変わっていくなど、周りの状況を見て静かに話すことが苦手です。授業中など話してはいけないときにも、頭に浮かんだことを口に出したり、友達に話しかけたり、といった言動が見られます。

多動性の症状は、本人の意志とは関係なく無意識に体が動いてしまうため、自分では抑えることができません。ADHDに気づいていない場合や、ADHDの診断を受けていても周囲に病気のことを理解してもらえない場合は、周囲から注意を受けることが多く、本人もつらい思いをしがちです。

もし、ここに紹介したような多動性の症状が家や学校で見られる場合は、お子さんと一緒に早めに医療機関を受診することをおすすめします。

ADHDの基礎知識についての関連記事

ADHD サブテーマ

ADHDの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ