ADHD

ADHDの主症状(3)衝動性

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター

ヘルスケア大学参画ドクター

シェアする

ADHD」の主な症状のうちのひとつが「衝動性」です。これは、どのような状態を言うのでしょうか。衝動性の具体的な症状と、日常生活ではどんなことが苦手なのか、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

「ADHD」には主に、衝動性、多動性、不注意という3つの症状があります。この中の、衝動性について解説します。

ADHDの衝動性の症状とは

自分の感情・行動・発言を抑えることができず、考える前に思いついたまま行動したり、口に出したりしてしまうのが衝動性の特徴です。

どんなことが苦手なの?

衝動性の症状のために、学校や家庭ですごすシーンでは、以下のようなことが苦手になります。

考えてから行動することが苦手

思いついたことを即座に行動に移してしまいがち。その結果どうなるか、といった先を考えてから行動することが苦手です。

気になるものを発見して、道に飛び出してしまうことがあるため、事故には十分注意が必要です。友達や兄弟に対してすぐ手が出てしまい、ケンカが多くなったりします。

順番を待つのが苦手

遊具などで遊ぶとき、自分の順番が来るまで待つことが苦手で、並んでいる友達を押しのけて列に割り込んでしまうことがあります。また、「1 番にやる」ということに、強いこだわりを持っていることもあります。

話をよく聞いてから答えるのが苦手

他の人から質問されたとき、質問を聞いている途中で思いついたことや、自分が知っていることを、黙っていられないときがあります。質問を最後まで聞かずに話し始めてしまうため、思いこみで話したり、質問の内容とは違うことを答えてしまいがちです。

授業中には、手をあげるのを忘れ、指名を待たずに答えてしまうこともあります。

自分の気持ちを抑えることが苦手

いったん自分が「やりたい」と思ったら、その気持ちを抑えることが難しく、ルールや周囲の反応を気にせず、行動に移してしまうことがあります。また、友達の持ち物を「貸して」「見せて」などが言えずに取ってしまったり、会話やゲームに割って入ったりしてしまうこともあります。大声で自己主張して、トラブルを招くこともあるでしょう。

このように、衝動性が強いと、本人は「ルールを守らなければならない」ということはわかっているのに、「してはいけない」というブレーキがきかずに行動してしまうのです。その結果、友達とケンカしてしまうことも多くなり、仲間に入れてもらえず本人もつらい思いをすることも。

家族は、本人が衝動を「抑えない」のではなく「抑えられない」、あるいは「苦手」なことを理解してください。学校の先生など周囲と協力しながら、やさしく見守り、じっくり取り組んでいくことが大切です。

ADHDの基礎知識についての関連記事

ADHD サブテーマ

ADHDの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ