ADHD

ADHDの治療に用いられる薬とは

更新日:2017/09/14 公開日:2016/05/20

西條朋行先生

この記事の監修ドクター

西條クリニック 院長

西條朋行先生

シェアする

ADHDの治療に用いられる薬とはどのようなもので、どのような効果があるのでしょうか。ADHDの基本的な知識やADHD治療薬の種類や効果、服用の際の注意点などを、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

まず、ADHDについて理解しよう!

ADHDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略です。Attention Deficitは注意欠陥、Hyperactivity Disorderは多動性障害を意味します。

ADHDはかつて「注意欠陥多動性障害」といわれていましたが、日本精神神経学会のガイドラインの変更(診断マニュアルDSM-V)により、最近では「注意欠如多動症」と言うようになりました。病院によっては「注意欠如多動性障害」または「注意欠損多動性障害」と言うこともあります。

ADHDは、集中力がない「不注意」と落ち着きがない「多動性」、考える前に行動する「衝動性」の3つの症状を主とする発達障害のひとつで、学齢期(小・中学校)の子供の3~7%(30人中1~2人)に見られます。

女子よりも男子の方が3~5倍多く、病気が見つかる診断時期も、女子が12歳頃なのに対し、男子は8歳以前と早い傾向があります。また、この症状が大人になっても改善せずに残る場合を「大人のADHD」と呼んでいます。

ADHDの症状はどのように出るのか

不注意・多動性・衝動性の3つの症状別に、特徴を以下にまとめました。

不注意

ひとつのことに集中することができず、また、細かな部分に注意を払うことができないため、単純なミスが多くなります。持ち物や約束の時間を忘れがちといった特徴も。

多動性

じっと席に座っていられず歩き回ったり、座っていても絶えず体をくねらせたりと、体の動きをコントロールできず落ち着きません。過度にしゃべるのも特徴で、話しだしたら止まらないといった特徴もあります。

衝動性

やりたいと思ったらその気持ちを抑えることができず、ルールや周囲の反応を無視して行動に移してしまいます。具体的には、順番を待てない、人の会話やゲームに割り込む、質問を最後まで聞かずに答えてしまうなどです。

詳しくは、

『ADHDの主症状(1)多動性』

『ADHDの主症状(2)不注意』

『ADHDの主症状(3)衝動性』

をご覧ください。

成人して診断される人も多い

大人のADHDは、大人になってから発症するものではありません。子供の頃からの症状が残る方と、大人になってから診断された方のことを言います。後者は、社会人になって仕事に支障をきたすことが多くなり、ADHDを疑って受診したところADHDと診断された、といったケースです。

ADHDの子供の70~80%は、大人になってもなんらかの症状を持っているといった報告や、大人のADHD患者は約1.65%というデータもあります。

詳しくは、『大人のADHDの症状について』をご覧ください。

ADHDの治療薬にはどのような種類があるのか?

ADHDの子供は、脳内の神経伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」が不足気味であることがわかっています。ドーパミン、ノルアドレナリンは脳の神経細胞間で情報のやりとりをする働きがあり、これが不足することで不注意や多動性といったADHDの症状が起こると考えられています。

そこで治療では、神経伝達物質を活性化させるメチルフェニデートとアトモキセチンと呼ばれる薬物が用いられます。どちらもADHDの治療薬として承認されている薬です。

詳しい解説を以下にまとめました。

成分名:メチルフェニデート 商品名:コンサータ

日本でADHD治療薬として最初に承認されたメチルフェニデートの「リタリン」が、依存症などの問題から2008年以降使用禁止になり、代わりにメチルフェニデートの徐放剤(※1)である「コンサータ」が、登録された専門医療機関のみで処方可能になりました。

成分名:アトモキセチン 商品名:ストラテラ

日本で2番目に承認されたADHD治療薬。メチルフェニデートとは効き方が違うため、治療の選択肢が広がりました。

※1)徐放剤とは、成分が少しずつ放出されて効果が長時間持続するように開発された薬のこと。

薬の服用で期待できる効果

コンサータは脳の神経を活性化させる中枢神経刺激薬で、脳の神経細胞間の、主にドーパミンの濃度を高めます。ストラテラは非中枢神経刺激薬で、脳の神経細胞間の、主にノルアドレナリンの濃度を高めます。これらの作用によってADHDの主症状を改善する効果があります。

ただ、その効果は服用している間のみで、ADHDが根本的に治るわけではありません。しかし、薬物治療によって症状が緩和すると周囲との関係がよくなって精神的にも落ち着き、勉強などの集中力も高まり自信が持てるようになるなどの効果が期待できます。また、服薬と併用して行う心理・社会的治療によって状況が改善すると、服用を中止しても大きな問題にならずに生活できるようになります。

なお、副作用には、コンサータは口の乾きや食欲不振、吐き気、便秘、不眠、頭痛、体重減少など、ストラテラは食欲不振、吐き気、腹痛、頭痛、眠気などがあります。

ADHD治療薬で効果が得られない場合は、興奮や衝動性などの症状に合わせて気分安定薬や抗精神病薬、抗うつ薬などを用いることもあります。

薬は医師の指示通り正しく服用を

コンサータとストラテラでは、1日の服用回数や効果が現れるまでの期間などに違いがあり、また、子供の状態によって最適な薬の量が異なるため医師の指示通りにきちんと服用することが大切です。急に服用を中止すると反動で症状が悪化することもあるため、自己判断で服薬をやめたり、飲み忘れたりしないように注意しましょう。

ADHDの治療は基本的に、まず心理・社会的治療を行い、次に必要に応じて薬物療法を併用するというものです。心理・社会的治療には周囲のかかわりや協力が必要になるので、このことをよく理解し、薬だけでなく、専門家の指導のもとで総合的に取り組んでいきましょう。

ADHDの診断・治療法についての関連記事

ADHD サブテーマ

ADHDの診断・治療法 記事ランキング

fem.リサーチ