口内炎の基礎知識

口内炎ができやすい原因と対処法

更新日:2017/07/31 公開日:2016/07/26

しょっちゅう口内炎ができてしまうという方には、何か原因があるのかもしれません。ここでは、口内炎ができやすくなる原因をご紹介します。

口内炎ができやすい理由(1)食生活の偏り

口内炎を引き起こしやすくなる要因のひとつとして、ビタミン不足が考えられます。特に、口や粘膜の健康に関連するビタミンB2、B6、免疫力に関係するビタミンA(βカロテン)の不足が、口内炎のできやすさに影響するとされています。

口内炎ができやすい理由(2)免疫力の低下

口内炎を引き起こす原因のひとつとされるのが、身体の免疫力の低下です。睡眠不足、疲労、ストレスなどによって抵抗力が落ちると、口の中の粘膜も荒れてしまいます。また、大きなストレスを受けると胃がキリキリ痛くなることがあるように、ストレスによって胃がダメージを受け、口内炎として現れることもあるとされています。

口内炎ができやすい理由(3)歯ブラシが上手でない

正しく歯磨きを行わないと、口の中の粘膜を傷つけてしまい、ここから細菌やウイルスに感染して口内炎を発症することがあります。また、上手に歯ブラシを動かすことができないと、歯や歯茎、口の中の汚れもしっかり取り除くことができません。そのため、口の中を清潔に保つことができずに口内炎の発症原因となることがあります。歯磨きはしっかりと行うのが理想的ですが、力任せにゴシゴシこするのではなく丁寧に磨くように心がけましょう。

口内炎ができやすい理由(4)歯並びの問題

歯並びの問題が口内炎の原因となることもあります。ガタガタとした歯並びのために歯の角が頬の内側の粘膜を傷つけたり、入れ歯や噛み合わせに不具合があることで同じ場所を何度も噛んでしまったりすると、その部分に炎症が起こりやすくなります。歯並びや噛み合わせがよくないという方は、噛み合わせの調整や歯の角を丸く削る処置を歯科医に相談するとよいでしょう。

口内炎ができやすい理由には、これらのほかに次のような原因もあります。

・アレルギー性口内炎:アレルゲンとなる食べ物や薬、金属などが刺激となってアレルギー反応を起こして口内炎を発症する

・ニコチン性口内炎:喫煙の習慣によって、長い間口の中がたばこの煙や熱にさらされ続けたこと、喫煙によってビタミンを消費することで発症するとされている

何度もくり返す口内炎に悩んでいる方は、一度、自身の口内環境や生活習慣を確認するのもよいかもしれません。

あわせて読みたい

口内炎・口周辺のトラブルの他の記事を読む