肩こり

肩こりの症状と原因、解消方法について

更新日:2017/04/25 公開日:2017/04/25

この病気・症状の初診に向いている科
整形外科

シェアする

普段からパソコンなどを利用して仕事している人にとって、肩こりは大敵に等しいようです。読書が好きな人にとっても例外ではないでしょう。ドクター監修のもと、肩こりの原因と解消方法などについて、解説します。

普段から肩こりに悩み、整形外科に通院している人が多いようです。なぜ肩こりが起きてしまうのか、その原因と解消方法などについて解説していきます。

肩こりとは

肩こりとは、肩と頭などの筋肉が疲労を起こし、緊張して縮んで固くなった状態のことをいいます。肩こりの感じ方は、痛い、重い、ジンジンする、など人それぞれです。現在はパソコンが普及し、パソコンを使ったデスクワークにともない、肩こりを訴える人は数多くいるといわれています。国民生活基準調査によれば、女性のほうが多く、日本の女性の約12%が肩こりを訴えているとのことです。

なお、「こり」は肩だけでなく腕部にもおよぶことがあります。頭、肩、腕のこり、そして痛みのことを「頸肩腕症候群」と呼んでいます。

なぜ肩こりがおきるのか

筋肉疲労や血行不良などによって肩こりが起こるとされています。この2点を次にあげて解説します。

筋肉疲労

人間が両足で立って歩き始めたときから、筋肉の疲労が始まっているとされています。人それぞれですが、人間の頭の重さは約6〜7キロ(体重の約10%)で、年中無休ずっと支えるのにかなりの負担がかかるというわけです。予防方法としては、普段からラジオ体操などで軽い体操を行い、肩と首の筋肉を鍛えておくことです。

血行不良

寒さや目の疲れ、姿勢が悪いなど原因はさまざまです。とくにパソコンや読書などを普段から行っている人はこれに該当します。最近、読書の仕様が徐々に変化してきており、紙の本からタブレット端末やスマートフォンなどに切り替える人が徐々に増えてきています。それにともなって、姿勢の悪さだけでなく目の疲れは現れ、結果的に血行不良が起こりやすくなるというわけです。

肩こりの症状について

症状は肩だけでなく、背中、首すじ、首のつけ根などに現れてきます。張り、凝り、そして痛みなどさまざまな症状が現れるだけでなく、頭痛や吐き気などといった症状もともなって現れることがあります。肩こりに関係する筋肉はさまざまですが、僧帽筋が中心になって肩こりを起こすといわれています。僧帽筋とは、首の後ろ、肩、背中を三角形のようにかけて張っている筋肉のことをいいます。

肩こりの原因について

上に肩こりの原因について触れましたが、具体的にどのような場面で肩こりを誘発するのか、次にいくつかあげて解説します。

運動不足

まず血行について解説します。血液を体全体に送り、巡回させるには心臓というポンプが欠かせません。ポンプ機能は心臓だけでなく、筋肉も持ち合わせています。筋肉の収縮などの作用によって、血液を体全体に巡回させるという役目を担っているとされているからです。運動不足に陥ると、筋肉の機能の低下につながり、筋肉が持つポンプ機能がうまく働かなくなります。その結果、血液が体全体に巡回させることがうまくできないうえ、血液に乗って運ばれるとされる必要な酸素と栄養素などが体全体に行き届かず、それが原因で疲れやすく肩こりになりやすいだけでなく、さまざまな病気を引き起こす要因につながると考えられます。

運動不足を解消するには、自宅でもできるという過程で説明すると、ウォーキングなどがおすすめです。毎日歩くだけでも効果があると考えられるからです。ウォーキングにとどまらず、本格的に運動をしたいという方は、最寄りのスポーツジムなどで通ってもいいでしょう。

眼精疲労

普段からパソコンやスマートフォンや本などを利用している人がなりやすいとされています。具体的には、細かい字を長時間読み続けると、目とその周辺の筋肉が緊張し、それが肩こりにつながると考えられるからです。

眼精疲労については『治らない目の疲れ・・「眼精疲労」とは』で解説しています。

ストレス

ストレスといっても、身体的なストレスと精神的なストレスというものがあります。身体的ストレスは、筋肉の緊張を引き起こし、強力になってくると血管そのものが収縮し、血流障害を引き起こすとされています。一方、精神的ストレスは主に家庭や仕事など人間関係からきているものに該当します。また、ストレスをため込むだけで、さまざまな病気が現れることが多いようです。

ストレス解消方法については『ストレスは美肌の大敵!簡単にストレス発散するコツ』で解説しています。

肩こりの解消法について

上にも触れましたが、肩こりそのものを改善する場合は、マッサージ、入浴、湿布、薬物療法などがあげられます。肩こりそのものを予防する場合は、同じ姿勢を続けずストレッチするなどでリラックスし、適度な運動や体操を行うことです。やはり入浴がおすすめといっても過言ではないでしょう。

肩こりに悩んでいる場合は整形外科に受診して相談するようにしましょう。

肩こりの基礎知識についての関連記事

肩こり サブテーマ

肩こりの基礎知識 記事ランキング

  • fem.リサーチ