スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ニキビ対策におすすめの化粧品

大人のニキビ肌におすすめの洗顔料7選!ニキビや肌荒れを改善するケア方法

更新日:2018/02/19 公開日:2017/11/22

不規則な食生活や、睡眠不足などが影響する「大人ニキビ」。ここでは美容家の益子克彦さんおすすめの洗顔料とともに、吹き出物、ニキビ跡などに効果的な洗顔方法をご紹介します。正しい洗顔で汚れやアクネ菌を撃退して、スッキリ素肌を取り戻しましょう!

大人ニキビができる原因

大人ニキビができる原因

大人ニキビも思春期時期のニキビも、根本的な原因は同じです。毛穴に皮脂がたまってアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことで発生するメカニズムです。

思春期ニキビの場合、成長にともなう皮脂の分泌過剰が主な要因に。しかし、大人ニキビは、複数の要因がからみあってできるのが特徴です。

  • 肌の乾燥
  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 喫煙による血行不良
  • 無理なダイエット
  • 冷え性
  • 生活環境の変化
  • 職場ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ

など

毎日忙しい生活を送る方にとって、食生活、睡眠時間などはどうしても不規則になりがち。さらに、生理周期をコントロールするホルモンバランスの乱れとあいまって、大人ニキビに悩むことが多くなります。規則正しい食生活、睡眠時間を確保し、身体のリズムと体調を整えることが大切です。

スキンケアの面で気をつけたいポイントは、肌の乾燥。角質層の水分や保湿物質が減少した肌は、紫外線などの外部刺激を受けやすくなっています。肌内部を守るために角質層を厚くするため、毛穴をふさぎやすい状態に。そこに皮脂がたまるため、乾燥するのにニキビができてしまうのです。

ニキビ肌の洗顔料の選び方

ニキビ肌の洗顔料の選び方

ニキビ肌用の洗顔料で注意したいポイントは、「汚れをきちんと落とす」「うるおいを残す」の2つ。汚れをきちんと落とさなければ、毛穴をつまらせ、アクネ菌のエサになってしまいます。しかし、肌のうるおいまで洗い流してしまうと、乾燥が進んで角質層を厚くさせることにつながります。洗顔料にはさまざまなタイプがあるので、肌状態と相談しながら選びましょう。

石鹸タイプ

配合成分がシンプルなものが多く、すっきりと洗い上げてくれます。水を少しずつ含ませながらよく泡立て、肌への刺激を抑えましょう。脂性肌・混合肌におすすめ。

フォームタイプ

多くの商品が販売されており、洗浄力も価格帯もさまざま。選ぶのに迷うときは、敏感肌向けにつくられた低刺激タイプを選ぶとよいでしょう。炎症を起こして刺激を受けやすいニキビ肌を、やさしく洗い上げてくれます。

ジェル、ペーストタイプ

水分が多く、泡が作りやすいというメリットがあります。ただし、中には洗浄力が高いものがあるので、洗いすぎに注意が必要です。脂性肌タイプにおすすめ。

泡タイプ

泡になった状態で出てくる洗顔料で、ポンプ式の容器に入っています。泡を作る手間がかからず、朝の時間がない方や時短に便利です。洗浄力は、商品によってさまざまです。

パウダータイプ

洗浄力は商品によってさまざまです。酵素洗顔パウダーは、古い角質や皮脂汚れを分解してすっきりオフできるので、脂性肌タイプにおすすめです。

ニキビ肌におすすめの洗顔料

ここまで紹介してきたように、さまざまな種類がある洗顔料は、商品によって洗浄力がことなります。そこで、美容家の益子克彦さんが、おすすめ洗顔料をピックアップ!すべてご自身の肌で試したアイテムなので、使用感を参考にしてくださいね。

マイルドクレンジングジェル(d プログラム)

洗顔料 マイルドクレンジングジェル(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:125g

詳しくはこちら

おすすめの理由
せっかくなので、メイク落としもご紹介。こちらは、肌に負担をかけたくない方へおすすめの、ジェルタイプのクレンジングです。みずみずしく伸び広がるので、肌をいたわりながら、メイク汚れや毛穴の汚れもやさしくオフしてくれます。
感想
乳白色のジェルがメイクによくなじみ、キメの奥や毛穴の汚れまですっきり落ちた感じがしました。小鼻の黒ずみやあごのザラつきもなくなった気がします。香料・アルコール・防腐剤のパラベンが無添加で、肌にやさしいので、安心して毎日使えますね。

RG92フォーミングウォッシュ(RG BEAUTE)

洗顔料 RG92フォーミングウォッシュ(RG BEAUTE)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:150mL

おすすめの理由
美肌の湯でおなじみの別府温泉。その研究から生まれた、温泉由来のオリジナル成分を配合した泡洗顔です。プッシュするだけで、手では簡単につくれないなめらかなキメ細かい泡がでてきます。泡が肌をやさしく包みこんで、肌に負担をかけることなく、汚れをすっきり洗い落としてくれます。
使ってみた感想
洗い上がりがしっとりするので、乾燥肌で悩んでいる方にぴったり。別府温泉の温泉藻から抽出したエキスが配合されているので、肌荒れをケアしながら洗えます。しっとりなめらかで、まさに温泉に浸かった後のような気分が味わえます。

薬用 クリアウォッシュ(オルビス)

洗顔料 薬用 クリアウォッシュ(オルビス)

おすすめの理由
有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム配合で、ニキビや肌荒れを防ぎながら洗える薬用洗顔フォーム。皮脂も毛穴汚れもすっきり落としてくれます。乾燥するのにニキビができやすい大人女子の、レスキューアイテムとして人気の洗顔ですね。
使ってみた感想
急にニキビができてしまったときに使いましたが、悪化することがなく、ニキビ予防効果を実感。毛穴の汚れがすっきり落ちて、化粧水の浸透がよくなった気がします。むっくむくの生クリームのような泡が心地よく、トリコになりますよ。量がたっぷりなので、お風呂で首からデコルテまで洗ってもいいですね。

販売価格(編集部調べ):1,404円(税込)
内容量:120g
医薬部外品

エクストラ リッチ クレンジングフォームe(資生堂 フューチャーソリューション LX)

エクストラ リッチ クレンジングフォームe(資生堂 フューチャーソリューション LX)

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:134g

おすすめの理由
贅沢な泡でやさしく包んでくれる洗顔料。クリーミーでゆたかな泡が、肌を慈しみながら清らかに洗い上げてくれます。不要な汚れは取り除き、肌に必要なうるおいは残すので、なめらかな肌に。次に使う保湿液がなじみやすくなるのも感じられます。
使ってみた感想
10月1日の発売日に合わせ購入。固めのクリームのようですが、少しずつ水を含ませるととても柔らかく伸びて、肌に密着します。毛穴の汚れが落ちて、化粧水や乳液がしっかり肌の奥まで浸透しそうで気持ちがいいです。毛穴のつまりが気になる人におすすめです。

ノブ ACアクティブ ウォッシングフォーム(NOV)

洗顔料 ノブ ACアクティブ ウォッシングフォーム(NOV)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:100g
医薬部外品

おすすめの理由
有効成分BHA(サリチル酸)配合で、アクネ菌を殺菌しニキビを防ぐ洗顔料。ニキビの原因となる古い角質や皮脂をとりのぞくマイルドピーリング作用もあり、毛穴汚れをスッキリ洗い上げます。各種ビタミン配合で、うるおいを保ちながら洗えるのが魅力ですね。無香料・無着色・アレルギーテスト済みです。
使ってみた感想
泡立ちがよく、洗い上がりもすっきりしてとても気持ちがいいです。肌がつるっとして、お顔がワントーン明るくなります。大人ニキビでとても困っていた知人に3日試してもらいましたが、予防効果のおかげでニキビが小さくなっている気がしました。

アクネ フォーム クレンジング(クリニーク)

洗顔料 アクネ フォーム クレンジング(クリニーク)

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:125mL
医薬部外品

おすすめの理由
プッシュするだけでソフトな泡が出てくる、フォーム状の薬用洗顔料。アクネ菌を殺菌しながら、デリケートなニキビ肌を優しく洗い上げます。古い角質を無理なく落とす「エクスフォリエーション効果」で、毛穴のつまりも予防。ニキビの悪化を防ぎ、ニキビができにくい肌に叶えてくれるのがうれしいですね。
使ってみた感想
まず、泡になって出てくるので楽ですね。忙しい朝にはとても助かります。3プッシュくらい手にとると。泡がヘタりにくくなります。泡切れはとても良く、洗い上がりもさっぱり。ニキビ対策のシリーズなので、汚れをきちんと落としてくれる感じがし、ニキビ肌の方におすすめです。

オバジC 酵素洗顔パウダー(Obagi)

洗顔料 オバジC 酵素洗顔パウダー(Obagi)

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:0.4g×30個

詳しくはこちら

おすすめの理由
一度の洗顔で、つるんとした毛穴知らずの肌に洗い上げる酵素洗顔パウダー。ピュアビタミンCと酵素をダブルで配合することにより、毛穴の黒ずみ、ざらつき、くすみを一掃。毛穴がつまりやすい、ニキビ肌の方におすすめします。後から使うスキンケア化粧品がなじみやすくなり、効果を最大限引き出してくれる感じも魅力的です。
使ってみた感想
洗い上がりがさっぱりして、化粧ノリもよくなりました。毛穴が目立たなくなった気がします。1回使うだけでも効果を感じられる洗顔かと思います。特に、眉の間辺りの毛穴が、すっきりきれいになりました。顔全体のくすみがとれ、明るくなるような気がします。

ニキビ肌の正しい洗顔方法

ニキビ肌の正しい洗顔方法

せっかく自分に合う洗顔料を選んでも、間違った洗顔を行うと台無しに。角質層にダメージを与え、肌を乾燥させて大人ニキビ肌の原因になります。正しい洗顔方法で、すこやかな肌に整えましょう。

最初に手を洗う

洗顔前には手を洗い、汚れを落としておきます。清潔な手だと、洗顔料の泡立ちがよくなります。

洗顔料を泡立てる

手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で、少しずつ水を加えながらよく泡立てます。水が少ないと、洗浄濃度が高いまま肌にふれるため、乾燥しやすくなります。泡立てネットは便利ですが、少量の水でも泡がたつのが盲点。水をよく含ませるのを忘れないよう、注意してください。

Tゾーンから優しく洗い始める

もちもちの泡が玉子ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分から優しく洗い始めます。なるべく指が肌に触れないようにしましょう。

目もとや口もとは泡を乗せるだけ

乾燥しがちな目もとや口もとなどは、ゴシゴシ洗わず、ただ泡を乗せるだけでも十分に汚れが落ちます。

ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

ぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料が肌に残らないようにしましょう。お湯の温度は33℃~36℃くらいの人肌程度が理想的です。額の毛の生え際、フェイスラインなどに、洗顔料が残りやすいので注意。すすぎがきちんとできていないと、肌荒れの原因になります。

清潔なタオルで顔を押さえる

すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるだけ。ゴシゴシと顔を拭く行為はNGです。肌に刺激を与えず、優しく水分を吸い取ります。

ニキビ肌を改善するスキンケアの方法

ニキビ肌を改善するスキンケアの方法

ニキビの予防や改善には、汚れをしっかり落としてたっぷり保湿することです。帰宅後、疲れた肌をいたわるためにも、なるべく早めにクレンジング・洗顔をすませてしまいましょう。

化粧水

洗顔後の肌はとても無防備な状態で、どんどん水分が蒸発。乾燥肌が加速してしまいます。なるべく5分以内に化粧水で水分補給し、乾燥を防いでください。

美容液

水分補給が完了したら美容液です。美白美容液、保湿美容液、エイジングケア美容液などがありますが、使用するなら保湿美容液を。保湿成分が凝縮されているので、化粧水で与えた水分をしっかり抱え込んでくれます。

乳液

乳液は、適度な油分でうるおいを保ち、肌をなめらかにする役割。保湿成分をたっぷり含む、美容液と乳液の中間のようなものもあります。ニキビ肌の方は油分が少なめのものがおすすめ。ニキビや肌荒れを防ぐ、医薬部外品の薬用乳液もよいでしょう。

クリーム

クリームは油分が多いため、ニキビがあるときや、ニキビができやすい部位への使用は避けましょう。ニキビが悪化する恐れがあるため、乾燥が気になる目もとなどへの使用に留めてください。

まとめ

大人のニキビ肌は、何度もできやすい厄介なものです。ご紹介した洗顔料や洗顔方法など参考に、日ごろのスキンケアを改めて見直し、健やかで美しい肌を目指しましょう。

あわせて読みたい

ニキビ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

ニキビ・吹き出物の他の記事を読む