スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ニキビ対策におすすめの化粧品

ニキビ跡をきれいに隠すおすすめの化粧品!結婚式や水着のときもバッチリ!!

更新日:2018/02/21 公開日:2017/11/29

鼻などの顔にできたニキビ跡は、目立ってしまうのでしっかり隠したいですよね。また、デコルテや背中にできたニキビ跡は、結婚式やパーティ、水着などを着る機会に困りもの。今回は、コンシーラーやテープを使ってニキビ跡を隠す方法、化粧品の選び方のポイントをご紹介。美容家の近藤さやかさんおすすめの、ニキビ跡をしっかり隠すコンシーラーも必見です!

ニキビ跡を隠すメイクアップ化粧品の選び方

ニキビ跡を隠すメイクアップ化粧品の選び方

ニキビ跡は、大きく3タイプに分けられます。

  • 赤みが残ったもの
  • 色素沈着して茶色いシミのようになったもの
  • 陥没してクレーター状になったもの

できてしまったニキビ跡を隠すための化粧品には、化粧下地やファンデーション、コンシーラーのほかに、テープやシールなどがあります。それぞれのニキビ跡に適するアイテムを選ぶと、きれいに隠すことができます。

化粧下地

ファンデーションののり・もちを高める役割のある化粧下地。肌色補正効果のあるものや、凸凹をなめらかにする効果を備えたものがあります。

赤いニキビ跡
グリーン系やイエロー系の化粧下地を使うと、肌の赤みが目立たなくなります。伸びがいいので、広範囲におよぶ赤みにおすすめです。
色素沈着した茶色いニキビ跡
茶ぐすみやクマなどをカバーするオレンジ系がおすすめ。ただし、コンシーラーほどのカバー力は期待できません。
クレーター状のニキビ跡
凹んだ部分を埋めてくれるシリコン系の化粧下地がおすすめ。乾燥しやすいので、凹みが気になる部分だけに使用しましょう。また、きちんとクレンジングしないと凹みに残ってしまうので、注意が必要です。

ファンデーション

カバー力が高いのは、クリームファンデーションやスティックファンデーション。うっすらした赤みや色素沈着なら、コンシーラーなしでもある程度カバーできます。

コンシーラー

ファンデーションや化粧下地で隠しきれない肌トラブルを、目立ちにくくするメイクアイテムです。コンシーラーには、筆ペンタイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、アプリケータータイプ、ペンシルタイプなどがあります。

赤いニキビ跡
広範囲におよぶ赤みは、イエロー系の筆ペンタイプか、塗りやすいスティックタイプがおすすめ。ポツンとできた赤みには、小さいブラシでつけるクリームタイプか、ピンポイントでしっかりカバーできるペンシルタイプがおすすめです。
色素沈着した茶色いニキビ跡
ポツンとできた赤み同様、小さいブラシでつけるクリームタイプか、ペンシルタイプがおすすめです。

テープ、シール

どんなタイプのニキビ跡にも使用できます。テープを貼った後、上からファンデーションを重ねて仕上げます。

ファンデーションでニキビ跡を隠す方法

ファンデーションでニキビ跡を隠す方法

ファンデーションの厚塗りを防ぐためにも、必ず化粧下地を使用してから塗りましょう。

パウダーファンデーションの場合

(1)化粧下地(2)コンシーラー(3)パウダーファンデーションの順で塗ります。パウダーファンデーションの後にコンシーラーを使用すると、密着しにくくヨレやすくなるためです。ファンデーションはスポンジをすべらせるように優しく塗り、コンシーラーをこすって落とさないようにしましょう。

リキッドファンデーション、クリームファンデーションの場合

(1)化粧下地(2)ファンデーション (3)コンシーラーの順で塗ります。専用のブラシを使うと、毛穴やキメにピタッと密着し、薄く均一に仕上げることができるのでおすすめ。その後、何もついていないスポンジで軽くポンポンと叩き、塗りムラをなじませます。

コンシーラーでニキビ跡を隠す方法

コンシーラーでニキビ跡を隠す方法

コンシーラーは、赤いニキビ跡や茶色いニキビ跡だけではなく、シミ・くまも隠せるので、一つ持っておくと便利なアイテム。ふだんのベースメイクはもちろん、結婚式やパーティ、水着などのシーンでも活躍してくれます。

ただし、油分が多めで肌にピタッと密着するので、化膿したニキビへの使用は避けてください。ニキビが悪化する恐れがあります。

コンシーラーの塗り方

ここでは、クリームタイプのコンシーラーの塗り方をご紹介します。水着のときは、汗や水に強いウォータープルーフのコンシーラーを使いましょう。

(1)色を選ぶ
赤いニキビ跡にはイエロー系。茶色いニキビ跡には、地肌に近い色のコンシーラーがおすすめです。
(2)隠したい部分に2まわり大きくのせる
小さいブラシを使って、大きめに塗りつぶします。
(3)まわりをぼかしてなじませる
コンシーラーと肌の境目を、指先で軽くトントンたたきながらなじませます。
(4)パウダーを重ねる
肌とコンシーラーを密着させるため、パウダーファンデーションかルースパウダーを少量重ねます。こすらず軽くおさえましょう。

おすすめのコンシーラー

スポッツカバー ファウンデイション(資生堂)

ニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「スポッツカバー ファウンデイション(資生堂)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):1,296円(税込)
内容量:20g

詳しくはこちら

おすすめの理由
20gで1200円というリーズナブルな価格。コストパフォーマンスがよいだけでなく、しっかりとカバー力があります。ニキビ跡や赤みのあるニキビ、シミはもちろんのこと、アザまでもきちんと隠してくれます。1980年発売のロングセラーアイテムです。
使ってみた感想
こっくりとした固めのテクスチャー。気になる部分に乗せてからまわりを指やスポンジでぼかすと、綺麗に隠すことができます。更に綺麗にカバーしたい場合は、コンシーラーブラシを使用すると、赤みのあるニキビや濃いめのシミも綺麗に目立たなくなります。取りにくい場合は、少し指で温めると使いやすいですよ。ロングセラーも納得の一品です。

メディケイテッド コンシーラーベース(d プログラム)

資生堂のニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「メディケイテッド コンシーラーベース(d プログラム)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:25g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
下地効果もあるコンシーラー。それだけではなく、薬用有効成分が肌荒れニキビ予防もしてくれます。低刺激設計のノンケミカルかつUV効果もある、まさに一石数鳥のコンシーラー。
使ってみた感想
アトピー性皮膚炎なので、毛細血管が透けて見えるほどの赤ら顔で、濃いめのファンデーションとコンシーラーを使用しカバーしていました。こちらのコンシーラーベースは、イエローのカラーが赤みを隠してくれ、その上に重ねるファンデーションが薄づきでもきちんとカバーしてくれます。多機能かつ、低刺激で肌に優しい製品で、伸びもよく使いやすいですね。赤みのあるニキビも、重ね付けして上からファンデーションを重ねると、綺麗に隠すことができます。赤みが気になる人にはぜひオススメのコンシーラーです。

SC クリームファンデN(マーシュフィールド)

ニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「SC クリームファンデN(マーシュフィールド)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):2,484円(税込)
内容量:7g

おすすめの理由
医療機関などでも販売されている製品。ニキビやシミはもちろんのこと、タトゥー、あざ、白斑、ホクロ、色素沈着や火傷跡などまで隠せる高いカバー力があり、カラーバリエーションも豊富。汗、水、皮脂にも強く、顔だけでなく全身使用することができます。
使ってみた感想
バタークリームのような硬めのテクスチャー。少量で本当によく伸びます。ニキビ跡や赤みのあるニキビ、濃いめのシミも綺麗に隠してくれる抜群のカバー力!プールなどのシーンでも使えるほど水に強く、なおかつ低刺激処方と、とても配慮されている名品。海の撮影や舞台のメイクなどには必須のアイテムです。

プロ ロングウェア コンシーラー(M.A.C)

ニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「プロ ロングウェア コンシーラー(M.A.C)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):2,592円(税込)
内容量:10g

おすすめの理由
ポンプタイプのリキッドコンシーラーで水に強く、敏感な目元などにも使用できるように作られたリキッドタイプのコンシーラーです。しっかりと肌にフィットしよれにくく、シワの部分などにもたまりにくいテクスチャー。ニキビ跡も重ね付けすると綺麗にカバーでき、シミや赤みのあるニキビにもピタッと密着しカバーしてくれます。
使ってみた感想
肌に伸ばすとまるでファンデーションのようにスルスルとなじみ、ピタっとフィットし、大きめのシミもすっと隠してくれます。濃いめのシミや赤みのあるニキビの場合は、重ね付けすると綺麗に隠れて、まるでトラブルがなかったかのような生っぽい肌に仕上がりますよ。きちんとトラブルを美しくカバーしたい人にオススメのコンシーラーです。

3色パレット コンシーラー(クエリー)

ニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「3色パレット コンシーラー(クエリー)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):756円(税込)
内容量:3.6g

詳しくはこちら

おすすめの理由
3色セットのコンシーラーで、自分の肌色に近い色を作れるのが嬉しいです。香料、防腐剤、合成色素、紫外線吸収剤フリーで肌に優しく、ウォータープルーフタイプ。UVカット効果もあるカバー力に優れたマルチコンシーラーで700円・3色入りと、コストパフォーマンス抜群です。
使ってみた感想
硬めのテクスチャーで、シミや赤みのあるニキビ跡もしっかりカバーしてくれます。3色のカラーをブレンドしてオリジナルのカラーを作れるので、色選びで困ることがありません。そのうえ、UVカット効果もあるウォータープルーフなので、結婚式のメイクシーンなどで使うことも。「泣いてもヨレませんでした」と、花嫁さんからの評判も良いですよ。リーズナブルなコンシーラーを探している人にピッタリな一品です。

ソフトマット コンプリートコンシーラー(NARS)

ニキビ跡をか隠すおすすめのコンシーラー「ソフトマット コンプリートコンシーラー(NARS)」の商品画像

販売価格(編集部調べ):3,672円(税込)
内容量:6.2g

詳しくはこちら

おすすめの理由
高いカバー力ながらも、ピタっと肌に密着してヨレにくく、軽やかなつけ心地で、まるですりガラスのようにシミやニキビなどをカバーしてくれます。ニキビ跡も厚ぼったくならずに隠すことが出来るので、ナチュラルに仕上げたい方にオススメの一品です。カラーバリエーションも豊富なのでピッタリな一品がみつかるはず!
使ってみた感想
初心者でも使いやすく、コンシーラーにありがちな重さがないにもかかわらず、きちんと綺麗に肌トラブルを隠してくれます。仕上がりは一枚ヴェールをかけたかのように馴染み、上品な肌を演出でき、また崩れにくい。カラーバリエーションも豊富な為、自分に似合うカラーが見つかりやすいです。

テープ・シールでニキビ跡を隠す方法

テープ・シールでニキビ跡を隠す方法

ニキビを隠すテープやシールは、化粧品ではなく雑品です。メイクの顔料や油分を含まないので、ニキビができているときにも使えて、その上からメイクができます。

テープ・シールの使い方

ニキビのある個所をきれいにして、ニキビが気になる箇所に直接貼り付けます。貼る場所が濡れているとはがれやすいので、丁寧に水滴をふき取ってから使用しましょう。また、使用できるのはできてすぐのニキビに限られます。化膿しているニキビには使用しないでください。

まとめ

気になるニキビ跡をカバーして肌をキレイに見せてくれるメイクアイテムは、ニキビ跡に合った色選びとカバー力がポイント。跡の大きさや濃さに応じて、カラーコントロール下地やコンシーラーを使い分けるのもおすすめです。カバーすることは大切ですが、新たなニキビを増やさないよう、スキンケアにも気を配ってくださいね。

あわせて読みたい

ニキビ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

ニキビ・吹き出物の他の記事を読む