ニキビ対策におすすめの化粧品

大人ニキビに効く化粧水おすすめ6選|口コミで人気の化粧水の選び方・使い方

更新日:2018/03/12 公開日:2017/11/02

ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど、思春期のニキビとは発生の起因が違う「大人ニキビ」。社会人としての生活は肌への影響も大きく、乾燥肌、敏感肌など、肌質に合わせたケアも大切です。

ここではヘアメイクアップアーティストの清水美知さんおすすめの化粧水6選とともに、付け方、使い心地などをご紹介。あなたの肌質を確認しながら、自分にぴったりの化粧水で、大人ニキビケアをはじめましょう。

大人ニキビができる原因

大人ニキビができる原因

「大人ニキビ」は思春期以降にできる吹き出物。頬からあごにかけてのフェイスライン"Uゾーン"にできやすく、何度も同じ場所に繰り返しできるので、厄介なものですよね。

大人ニキビの原因

  • 肌の乾燥
  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 喫煙による血行不良
  • 無理なダイエット
  • 冷え性
  • 生活環境の変化
  • 職場ストレス など

大人ニキビ発生の原因は、さまざまな理由が考えられますが、思春期のニキビも大人ニキビも、毛穴がつまり、そこにアクネ菌が繁殖することでできるのは同じ。ただ、大人ニキビの場合は、

  • 古い角質など老廃物が毛穴につまってしまうこと
  • 肌の乾燥

の2つが主な原因です。

さまざまな要因で肌のターンオーバーが低下すると、古い角質で毛穴をふさいだり、肌の乾燥がおこりがちに。つまった毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすというメカニズムが大人ニキビです。また、新陳代謝の低下により、乾燥肌や敏感肌など皮膚のトラブルが進むことで、大人ニキビはもちろん、シミや色素沈着、ニキビ跡につながっていきます。

このようになる前に、肌の状態にあったお手入れを行うことで、うるおいのある肌を維持し、大人ニキビを防ぎたいですね。

大人ニキビに効く化粧水の選び方

ニキビを予防する化粧水の選び方

大人ニキビを防ぐために知っておきたいのが、化粧水を使う意味ですよね。洗顔後の肌を乾燥から守るための水分補給や保湿、できてしまった大人ニキビの炎症を抑えるなど、ここでは、化粧水を使う上で、肌にどのような効果があるのかをご紹介します。

保湿のためのうるおい成分と効果で選ぶ

皮膚に潤いをあたえる代表的な成分と効果を紹介します。

セラミド
水分を蓄えて肌を保湿するとともに、細胞間をすき間なく埋めることで外部からの刺激をシャットアウト
ヒアルロン酸
高い保水力を持ち、肌の弾力とうるおいをキープする。
コラーゲン
身体の弾力やしなやかさを生み出すタンパク質のひとつ。うるおいを保つほか、肌にハリを与える。

ニキビ跡の炎症を抑える薬用化粧品を選ぶ

ニキビ跡に効果的な化粧水を選ぶ上では、炎症を抑える効果があるものがよいでしょう。グリチルリチン酸やビタミンC誘導体が該当します。

色素沈着によるニキビ跡には、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ美白化粧水でケアしてみるのも一つの手です。

また、ニキビ跡を目立たなくするためには「保湿」が大切。保湿して正常なターンオーバーをくり返すことで、ニキビ跡も目立たなくなっていきます。

大人ニキビに効く化粧水おすすめ6選

ニキビ肌のケアにおすすめの化粧水

ここからは、ヘアメイクアップアーティスト・清水美知さんのおすすめ化粧水をご紹介します。

アクネケア ローション W(d プログラム)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水・dプログラム アクネケア ローションW

販売価格:3,780円(税込)
内容量:125mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
無香料で低刺激。化粧水もしみてしまうようなニキビの状態(赤く炎症している)のときにも助けてくれます。お水に近いようなつけ心地ですが、保湿力はあります。手で優しく入れ込むように、2回に分けてつけるのがポイントです。
使ってみた感想
さらっとしていて、すごくさっぱりな使い心地です。とても肌に優しい低刺激性な化粧水なので 炎症してしまった赤ニキビの時期にはとてもいいと思います。敏感肌のニキビケアにもオススメです。

薬用 雪肌精(雪肌精)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水・薬用 雪肌精(雪肌精)

販売価格:5,400円(税込)/8,100円(税込)
内容量:200mL/360mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
ニキビ予防に有効なグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。カンゾウ根から抽出される成分で、抗炎症作用があります。トウキエキス、ハトムギエキス、メロスリアエキスの3つの和漢植物エキスも配合されていて、ニキビがある肌をうるおしてくれます。
使ってみた感想
サラッとした使い心地です。コットンにたっぷりつけて、軽く押し込むように肌に馴染ませるのがおすすめ。肌が柔らかくなり、保湿効果も良いです。

A.C.クリア アクネモイストローション(アルビオン)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水A.C.クリア アクネモイストローション(アルビオン)

販売価格:3,780円(税込)
内容量: 120mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
保湿効果の高い化粧水で、スーッとした使い心地です。スッーとするのはアルコールが入っている為ですが、D-パントテニルアルコールという、ニキビを防ぐ有効成分です。グリチルリチン酸ジカリウムも配合されています。
使ってみた感想
香りが独特ですが、しっかりニキビ予防できる化粧水です。より保湿したい時は、コットンパックも良いと思います。

薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(アルビオン)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水・薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(アルビオン)

販売価格:3,780円(税込)/5,400円(税込)/9,180円(税込)
内容量:110mL/165mL/330mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
国産のハトムギエキス(ヨクイニン)を配合。ニキビができやすい肌を、みずみずしくうるおします。水と油の両方に馴染むオイルを超微粒子化することで、角質層のすみずみに浸透。肌荒れにも効果的です。
使ってみた感想
つけ心地はさっぱりとしているのですが、オイルが配合されているのもあって、肌に馴染ませていくと保湿効果を感じます。毛穴も引き締まり、皮脂も抑えられるので、オイリー肌の方にもいいと思います。

ザ・タイムR アクア(イプサ)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水ザ・タイムR アクア(イプサ)

販売価格:4,320円(税込)
内容量:200mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌荒れを防ぐトラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムを配合。たっぷりのうるおいで、肌トラブルをケアし、ふっくらとキメの整った肌に導きます。
使ってみた感想
お水のように無臭で透明ですが、しっとりした使い心地です。保湿効果が高く、使うたびにモチモチしていく感じです。アルコールが入っていないので、敏感肌の方にも良いと思います。

薬用アクネVCローション(エトヴォス)

大人ニキビのケアにおすすめの化粧水薬用アクネVCローション(エトヴォス)

販売価格:4,104円(税込)
内容量:150mL
医薬部外品

おすすめの理由
シリコンやパラベン、界面活性剤、鉱物油、香料、着色料不使用の低刺激処方。速攻性と持続性を兼ね備えたビタミンC誘導体配合で、大人ニキビを防ぎつつ、肌を潤してくれます。
使ってみた感想
さらっとした使い心地です。オススメの使い方はコットンパック。約10分を目安に行うといいと思います。刺激がないので、敏感肌の方にも良いですね。

大人ニキビに効く化粧水の使い方

ニキビ肌への化粧水の使い方

保湿成分でしっかりうるおいを

すでに大人ニキビができた状態の肌に化粧水を使う場合、一番のポイントは「保湿」をしっかりと行うことです。ニキビ肌の場合、つい「皮脂を抑える」「さっぱりタイプ」な化粧水を選んでしまいがちですが、肌が乾燥していることで表面がオイリーになっていることがほとんど。まずは、肌にしっかり水分を補い、うるおいを与えることが大切です。

ニキビができにくい成分が配合されたノンコメドジェニックもおすすめ

ニキビ肌用のノンコメドジェニックのものを選ぶこともおすすめ。ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくい成分を使っている化粧品です。たとえば植物性スキンケアに使われることの多いオレイン酸は、アクネ菌にとっては栄養分になってしまうことも。ノンコメドジェニックには、そのような成分は配合されていないため、ニキビ肌でも使いやすいですね。

低刺激の化粧水を選ぶことも大切

もうひとつ大切なのは低刺激タイプの化粧水を選ぶこと。ニキビ肌はバリア機能が低下して非常に敏感な状態なので、敏感肌のためにつくられた化粧水がおすすめです。

大人ニキビを予防するためのケア方法

ニキビを予防するスキンケアの方法

大人ニキビを防ぐためには、肌本来のバリア機能を正常にしておくことが大切です。

過剰な洗顔で皮脂を洗い流してしまうと、肌本来のバリア機能が低下し、ますます大人ニキビができやすい環境になってしまいます。洗顔後は早めに保湿ケアを行いましょう。

大人ニキビのケアにおすすめの乳液・美容液

ニキビ肌におすすめなのは、保湿効果の高いスキンケアです。化粧水だけでは長時間うるおいを保てないので、美容液や乳液、クリームなどでうるおいを閉じ込めます。乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を正常に保ちましょう。

乳液はオイルフリーのものを

ニキビ肌にあった乳液を選ぶ際は、油分が少なめか、オイルフリーのものを選びましょう。ニキビ予防効果のある医薬部外品の乳液がおすすめです。

美容液は保湿効果の高いものを

乳液と同様に、油分が少なめで保湿効果の高いものを選びましょう。

  • 保湿効果にすぐれたセラミド
  • 和漢植物由来の保湿成分であるドクダミエキス、オウゴンエキス

などもおすすめ。ニキビ跡を防ぐために、美白美容液を選んでみるのもよいでしょう。

まとめ

くり返しやすい大人ニキビにおすすめな化粧水の選び方や、その他のニキビ対策のポイントなどをご紹介してきました。化粧水は、スキンケアの土台となる大切なステップです。やさしく丁寧につけることを心がけて、うるおいのあるすべすべ肌を目指しましょう。

あわせて読みたい

ニキビ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

ニキビ・吹き出物の他の記事を読む