スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肌荒れ対策におすすめの化粧品

顔の肌荒れの原因とは?赤み・かゆみの治し方やオススメ化粧品を紹介

更新日:2018/03/02 公開日:2018/01/19

毎日しっかりスキンケアをしていても、ちょっと生活が乱れてしまうと顔に肌荒れサインが出てしまうことがありませんか。不摂生や睡眠不足、ストレスなどさまざまな原因が考えられますが、もっとも気をつけたいのが赤みやかゆみが出てしまうこと。今回は、そんな肌荒れの原因と治し方を開設し、さらに美容家・上田祥子さんオススメの化粧品もご紹介します。

肌荒れの主な原因は「皮膚の乾燥」

肌荒れという言葉は、いわゆる肌に何かしらのトラブルが起きていることを指します。特に、その代表的なトラブルであり、その後あらゆる肌トラブルにつながるのが「乾燥」です。ここでは肌の乾燥を招くポイントをまとめました。

肌荒れ・乾燥の原因:外的要因

肌荒れ・乾燥の原因:外的要因

肌の乾燥でまず考えられるのが、気温・湿度の低下や紫外線による外的要因によるもの。環境の変化によって肌に与える影響もさまざまで、肌の調子も変化します。
外的要因の中でも、特に肌への影響として大きいのが「紫外線」です。紫外線は肌の内側にある真皮層まで届き、皮膚細胞にダメージを与えるほど強力で、皮膚に表れるシミやシワなどの老化現象を引き起こす一番の原因とも考えられています。

肌荒れ・乾燥の原因:加齢

加齢によっても肌は乾燥します。皮膚は通常、皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質の3種類の物質によって水分を保持・バリアをつくり、肌を守っていますが、加齢による皮脂量・NMF量の低下、角質細胞間脂質の減少などが原因で肌の乾燥が起こりやすくなります。

肌荒れ・乾燥の原因:間違ったスキンケア

肌のために行っているスキンケアですが、ひとたび間違った方法をしてしまうと、ケアができないどころかかえって肌トラブルを招いてしまいます。特に、乾燥を招く原因として代表的なのが、洗顔における「洗いすぎ」。洗顔は肌の表面に残った汚れや古くなった皮脂を落とすことが目的です。
しかし、洗いすぎることで肌に必要な分の皮脂まで落としてしまうと、油分を失った肌は乾燥しやすい状態になります。洗顔後に肌がつっぱるのは、皮脂を落としすぎているサインです。また、洗顔時に手で顔をこするように洗うことは肌に負担を与えることにもなります。

肌荒れにより顔に赤み・かゆみが出る原因

肌トラブルが起こるときは、ある程度の順序を踏んで起こることが多いといえます。たとえば、肌にニキビができるとき、くすんでしまうとき、化粧品がしみるときなどは、肌が水分を維持できずに乾燥し、角質層が乱れています。つまり、肌の乾燥はトラブルが起きる最初の段階ともいえるのです。

肌が赤くなってしまうのはなぜ?

肌が赤くなるのは、炎症を起こしている状態です。本来、肌には外部から侵入するものを防ぐというバリア機能があります。しかし、肌の表面にあたる角層の水分が不足すると、肌のバリア機能が働かず、負担や刺激を受けやすくなるのです。肌が赤く炎症を起こしてしまうのは、何かしらの刺激を受けている状態なのです。

肌にかゆみが出るのはなぜ?

肌にかゆみが出るのはなぜ?

肌に表れる症状のひとつに「かゆみ」があります。こちらも肌が荒れたときに、炎症と共にかゆみを感じる場合があります。このかゆみも、いわゆる肌が刺激を感じている状態です。具体的には、なんらかの刺激に対して体の免疫が反応し、ヒスタミンという神経を刺激する伝達物質が生じるためです。

顔の肌荒れ対策や治し方

肌荒れを対策する方法は、日ごろのスキンケアや紫外線対策などがあります。また、生活習慣を改善することも重要なポイントです。

化粧品による肌の保湿

肌荒れを起こしたときは、とにかく健やかな肌状態へ導くために、肌の水分量を上げることが必須です。肌の水分量が上がると肌表面のバリア機能も正常に働きます。

赤みやかゆみを伴う肌荒れは、外部刺激に敏感な肌環境。まずは肌にやさしく低刺激の化粧品を選ぶことをおすすめします。そして、肌に不足気味な保湿成分を含んだ化粧品を選びましょう。

乾燥した肌に取り入れたい保湿成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン
  • NMF(天然保湿因子)に含まれる成分(セリンやグリシン、リジンなどのアミノ酸、尿素)

化粧品は化粧水、美容液、乳液・クリームでスキンケアを行いましょう。化粧水で水分補給をし、美容液で水分と美容成分を肌に保持し、さらに乳液やクリームで水分や美容液が逃げないようにフタをします。使う順番はメーカーやブランドによってまちまちなので確認してください。

肌に優しい洗顔

肌に優しい洗顔

クレンジングや洗顔時の摩擦は、肌が荒れた状態ではかなりの刺激になります。

洗顔時はよく泡立てて、泡で肌をやさしくなでるように洗います。すすぎのお湯はぬるま湯にして、よくすすぎましょう。
また、このときも手で肌をこすらないように注意。洗顔後はすみやかにスキンケアを行い、肌の保湿を欠かさずに行いましょう。

紫外線の対策

「生活紫外線」と呼ばれるUV-Aは、日常生活で知らぬ間に浴びている紫外線。さらに「レジャー紫外線」と呼ばれるUV-Bは、短時間でやけどのような状態になる強烈な紫外線です。
どちらも浴びることで肌に炎症を起こしたり、皮膚細胞にダメージを与えたりして、たるみやシワ、シミの原因になります。また、肌荒れや乾燥を起こしているときは、より紫外線によるダメージを受けやすい状態になるので、スキンケアと紫外線対策は切り離せません。

紫外線対策としては、日焼け止めを使用するだけでなく、日傘や帽子、長袖を着用するなども効果的なので、組み合わせて行いましょう。

栄養バランスの良い食事

栄養バランスの良い食事

美容に良いとされる食べ物や栄養素を積極的にとることもひとつの手段ですが、まずは一日に必要な栄養素をバランスよく摂取できることが望ましいです。
現代人の生活は、食事による栄養バランスが偏りがちになるので、野菜をしっかり意識して食べることはもちろん、不足しがちなミネラル成分にも注目しましょう。どうしても食事だけでは偏ってしまう場合は、サプリメントを活用して栄養を補うことも有効です。

肌荒れにおすすめの化粧品

肌荒れを起こさないためにも、今使っている化粧品を見直すことも重要です。ここからは美容家・上田祥子さんオススメの化粧品を紹介します。

モイストケア クリーム(d プログラム)

モイストケア クリーム(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):4,320円(税込)
内容量:25g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
オイルリッチなクリームが肌にしっかりと浸透して、肌荒れや粉ふきしがちな肌をしっとりと落ち着かせてくれるクリーム。低刺激設計で、肌が敏感に傾きがちなときにも使えます。保湿力も高く、乾燥からきちんと肌を守ってくれるんです。
使ってみた感想
薬用クリームでありながら、まるで高いクリームを使っているかのようなうるおい力は感動です。肌の角層にしっかり浸透して、もちもちの吸いつくような肌に導いてくれます。乾燥しやすい飛行機内で使うことも多い、私にとって手放せないアイテムの一つ。

キュレル エイジングケアシリーズ ジェルクリーム(しっとり) 【医薬部外品】(キュレル)

キュレル エイジングケアシリーズ ジェルクリーム(しっとり) 【医薬部外品】(キュレル)

内容量:40g
医薬部外品

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み*すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
おすすめの理由
不足しがちな肌の必須成分セラミドの働きをしっかり補いながら乾燥などの外部刺激から肌を守るバリア機能をサポート。乾燥による小ジワも目立たなくして肌荒れしにくい、ふっくらうるおいのある肌へと導いてくれます。
使ってみた感想
つけてすぐから肌がもっちりうるおう高保湿クリーム。年齢を重ねた乾燥しやすい肌に向けて作られているだけに、肌が荒れ気味なときでもすみやかにうるおいをチャージできます。うるおいによるハリともアップするので、普段のエイジングケアにもおすすめ!

ロイヤルハニー プロポリス エンリッチ エマルジョン(SKINFOOD(スキンフード))

ロイヤルハニー プロポリス エンリッチ エマルジョン(SKINFOOD(スキンフード))

販売価格(編集部調べ):3,726円(税込)
内容量:160mL

おすすめの理由
生命力の強いブラックビーが作り出すプロポリスはフラボノイドの含有量が多く、荒れた肌のサポートに優れています。さらにハチミツやエッセンシャルオイルなども配合され、肌にうるおいを密封してくれるような乳液です。
使ってみた感想
ベールをかぶせるような、密着感のあるテクスチャーで、肌に濃密なうるおいを与えてくれます。肌が荒れ気味なときでも簡単に高保湿ケアができて便利!角層がうるおいに満ちて、乾燥に負けない肌になれますよ。

ディセンシー エッセンス(DECENCIA(ディセンシア))

ディセンシー エッセンス(DECENCIA(ディセンシア))

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:30g

おすすめの理由
睡眠不足による肌荒れのメカニズムに着目し、うるおいに満ちたハリにあふれる肌へと導く夜用美容液。寝ている間のアプローチで、まるで十分な睡眠をとったときのような肌に整えてくれます。肌を育むようにケアできます。
使ってみた感想
忙しくて寝不足が続き、肌が乾燥して荒れ気味になったとき、これを使って寝たら、十分に睡眠が取れたわけでもなかったのにまるでたっぷり寝たかのようなうるおいに驚きました。頼れる一本です。

まとめ

顔の肌荒れの原因とは?赤み・かゆみの治し方やオススメ化粧品を紹介のまとめ

肌の乾燥による肌荒れは、誰もが経験する一般的な肌の悩み。治るか治らないかの差は、スキンケアや日常生活、栄養バランスの見直しに隠されているものです。特に肌荒れが慢性化する前にしっかりと肌づくりに取り組んで、ぜひ、ふっくら健やかな肌を目指してください。

あわせて読みたい

肌荒れ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

スキンケアの基本の他の記事を読む