スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌におすすめの化粧品

肌のかゆみの原因と対策方法!美容家オススメの美容液も紹介

更新日:2018/06/12 公開日:2018/01/19

松本愛

この記事の監修専門家

writer/editor/美容ライター

松本愛

肌がカサカサしてかゆみが気になる…。なんだか顔の一部分がぶつぶつして赤い…。肌荒れして敏感になってしまった肌は、ちょっとした刺激にも反応し、さらなる肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。
この記事では、美容ライターの松本愛さんがおすすめの美容液をご紹介。肌のかゆみや赤みの原因、そしてその対策を確認しながら、あなたにぴったりの美容液を見つけてみませんか?

肌がかゆくなる原因:皮膚によるもの

肌のかゆみは、外的な刺激から肌を守るバリア機能の低下により起きると考えられています。

肌の乾燥

肌の乾燥

うるおいのある肌は、肌表面の皮膚・水分などがバリア機能となり、外的刺激から肌を守っています。

しかし肌が乾燥すると、肌の表面がひび割れたようになり、肌のバリア機能が衰え、ここに外部からの刺激が加わるとかゆみが生じるのです。

バリア機能が低下した肌は、肌表面が整いにくいため、日常の小さな刺激がかゆみのもとになってしまいます。

肌への刺激や摩擦

毎日のスキンケアが肌への刺激や摩擦の原因となってしまい、かゆみを引き起こすことがあります。こすりすぎだけではなくピーリングのしすぎも、知らない間に角質層を傷つけてしまう場合があります。

もちろん、間違ったスキンケアを重ねると、肌はダメージを受け続けるため、肌のターンオーバーが正常に働かない状態が続くことになります。

肌がかゆくなる原因:身体によるもの

肌がかゆくなる原因:身体によるもの

直接的な原因ではありませんが、身体の状態や変化によっても、肌にかゆみを発生させることにつながる場合があります。

生理

生理によるホルモンバランスの乱れによって皮膚が過敏になり、かゆみを引き起こしやすくなります。その女性ホルモンが乱れることで、肌が乾燥しバリア機能が低下してしまいます。保水力の高い化粧品で、肌をたっぷりとうるおいを与えてあげましょう。

更年期

年齢を重ねると保湿成分であるセラミドが減少することで、肌荒れやかゆみが起こりやすくなります。また、30歳代くらいから肌のコラーゲンや水分量を増やすエストロゲンが減少するため、肌のターンオーバーも乱れやすくなってしまいます。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、ちょっとの刺激に敏感になってかゆみなどの症状を引き起こしてしまうのです。

ストレス

ストレス

睡眠不足や過度なストレスによって免疫力が低下すると、肌のターンオーバーが乱れがちになり、うるおいを保つ保持機能やバリア機能を減らしてしまいます。

過度なストレスなどによって角質層の水分保持力が弱まっている状態で外的要因にさらされると、肌のかゆみを引き起こしてしまいます。肌が乾燥している時は、なるべく乾燥した肌に刺激を与えないように注意をする必要があります。

肌がかゆくなる原因:生活習慣・環境によるもの

私たちの身の回りには、アレルギー反応を起こす原因や誘発しやすい変化となる要素が潜んでいます。代表的なポイントを見ていきましょう。

花粉やほこりなどのアレルギー

ダニや食事、ストレスなどのアレルギーが原因で、肌の乾燥や皮膚のバリア機能の低下を引き起こすと考えられています。このような状態が続くと、肌の保湿力が弱まりかゆみを引き起こしてしまいます。また、アトピー性皮膚炎や湿疹などの場合は、自己流のケアでは悪化させてしまう可能性があるため、皮膚科を受診するようにしましょう。よく見られるアレルギー反応をお伝えいたします。

花粉やPM2.5などは肌に直接的な刺激を与えてしまいます。乾燥などで肌荒れが起こっている状態で、外的刺激を受けると肌がかゆくなることが多いため、肌を守ってくれるマスクなどでケアすることも大切ですよね。
また、うるおい対策をしっかり行うことで、肌のバリア機能を高めると良いでしょう。

よく見られるアレルギー反応をお伝えいたします。

  • 肌のかゆみ
  • 目のかゆみ
  • 鼻水
  • じんましん など

食事

食事

偏った食事を続けると、肌のうるおい不足や皮膚の新陳代謝が減少し、肌が乾燥しかゆみの原因になるといわれています。食事が偏ると、タンパク質が不足し肌のターンオーバーが遅れがちになります。細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)が十分に整った健康な肌を保つために、栄養素が不足しないように注意することが大切なのです。

季節の変わり目

季節の変わり目は、肌のかゆみを感じやすい時です。これは、寒暖差で体調を崩すことが多く、肌荒れやかゆみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなることに起因します。

季節の変わり目の肌荒れは、原因を特定するのは難しいといわれています。毎日のお手入れには、肌に刺激を与えないよう肌に刺激の少ない化粧品でのケアがおすすめです。

肌のかゆみを対策する方法

肌のかゆみを防ぐためには、うるおいを与えて乾燥させないことが大切です。肌には、外部からの刺激から守るためのバリアとなる機能を持っていて、十分な水分が保たれている状態でいることで発揮します。
しかし、皮膚のうるおいを担っている皮脂や角質層に存在するセラミドなどが減少し乾燥した状態になるとバリア機能が低下。すると、ちょっとの刺激にも反応しやすくなって、かゆみなどの症状を引き起こしてしまうのです。

乾燥してかゆみを伴う肌のお手入れに気をつけたいのが、肌に優しくうるおいを保つ助けをしてくれるスキンケアを選ぶことです。乾燥肌のかゆみを起こしにくくするために、自分の肌に合ったスキンケアを取り入れてみてください。

肌の保湿におすすめの美容液

乾燥肌でかゆみがある方は、化粧水だけでなく保水や肌荒れからサポートしてくれる美容液をとり入れると良いでしょう。ここでは、美容ライター・松本愛さんがおすすめの美容液をご紹介します。

パワーバイタルソリューション(d プログラム)

パワーバイタルソリューション(d プログラム):医薬部外品

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:25g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
低刺激スキンケア「dプログラム」の薬用クリーム状美容液。肌荒れや乾燥によるダメージを防いで小じわや毛穴を目立たなくしてくれるのと同時に、シミやソバカスを防ぎ肌を明るくしてくれる、1つで保湿と美白のWケアが可能な美容液です。ワンプッシュ式容器が画期的で使いやすい!

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
このパッケージながら、プッシュ式容器が感動もの。押すと適量が出てくるうえ、クリームの中に直接手を触れずに済む画期的な容器です。肌あたりはさすがdプログラムというマイルドさながら、しっかりとした保湿力。翌日の肌がピンとうるおっているのがわかります!

セラミドスキンケア モイスチャライジングセラム(エトヴォス)

セラミドスキンケア モイスチャライジングセラム(エトヴォス)

販売価格(編集部調べ):4,320円(税込)
内容量:50ml

おすすめの理由
保湿成分ヒト型セラミドが5種類も高濃度で配合されている保湿美容液。セラミドに加えてヒアルロン酸、アミノ酸の天然保湿因子(NMF)などもたっぷり入っていて、しっかりとした保湿力です。有効成分を届ける美容液と油分で肌にフタをする乳液の両方の働きをしてくれるので、化粧水後の肌のケアが1本で可能に。

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
敏感肌でも使えるアイテムは無香料が多い中、癒されるラベンダーの香り。テクスチャーは伸び良く、ハンドプレスでつけるとスッと肌に入っていきふっくらモチモチに。セラミド高配合でしっかりうるおうので、乾燥の厳しい冬にも心強いアイテムです。

薬用セラミドクリーム(DHC)

薬用セラミドクリーム(DHC)

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:40g
医薬部外品

おすすめの理由
保湿のメカニズムを助けるセラミド配合クリーム。浸透性にすぐれた植物性100%の天然セラミドと、オリーブバージンオイル、油溶性ビタミンC、レシチンなどの保湿をたっぷり配合。しっとりとうるおったハリのある肌に導いてくれます。

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
コスパが良いのでたっぷり使えるのが嬉しいポイント。乾燥が気になる部分に贅沢に塗り込んでもスッと角層に浸透してベタつきません。うるおいを感じさせつつもサラッとした塗り心地なのに、翌日はふっくらと柔らかい肌に。

ハウス オブ ローゼ パワーサージ ジェルDX(ハウスオブローゼ)

ハウス オブ ローゼ パワーサージ ジェルDX(ハウスオブローゼ)

販売価格(編集部調べ):4,860円(税込)
内容量:35g

おすすめの理由
7種類のヒト型セラミドと、セラミドのもととなる植物性由来のグルコシルセラミドを配合したジェル状美容液。超微粒子乳化カプセル処方で角層の奥まで素早く浸透します。

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
ほんのりローズの香り。プルプルとしたゲルですが、肌にのせると溶けるように馴染みます。セラミドを補給するというイメージでたっぷりと塗り広げるのがおすすめ。翌朝、肌がモチモチになります。

キュレル 潤浸保湿 美容液(キュレル)

キュレル 潤浸保湿 美容液 【医薬部外品】(キュレル)

販売価格(編集部調べ):2,300円(税込)
内容量:40g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感な肌のために作られているキュレルシリーズの美容液。配合されているのは肌をうるおして、ハリ感を向上させてくれるショウキョウエキスとグリセリン。さらにキュレルシリーズの主成分であるセラミドが、角層からしっかりうるおいを与え、外部刺激から肌を守ってくれます。消炎成分も入っているので、すでにかゆみがある肌にもおすすめです。

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
浸透力の高いジェルタイプ。肌にのせるとまるでローションのようにグングンと角層浸透し、中はギュッとうるおい、肌表面はさらりと仕上がります。乾燥と外部刺激からケアしながら乾燥小ジワ対策までしてくれるというから嬉しい限り!

リペアオイル エッセンス(アテニア)

リペアオイル エッセンス(アテニア)

販売価格(編集部調べ):3,024円(税込)
内容量:8ml×2本

おすすめの理由
化粧水の前に使う、ブースタータイプの美容液。セラミドの補給、活性、安定という3つのステップにより荒れた乾燥肌をケアしてくれます。セラミドにより肌のバリア機能を高めていくのはもちろん、つけた直後からしっとりとしなやかな肌に。

監修者の写真writer/editor/美容ライター 松本愛

使ってみた感想
2層式のボトルなので振ってから、洗顔後すぐ化粧水の前に使います。サラッとしたつけ心地ながらこの美容液を塗った後は化粧水の浸透力が良くなった気がします。乾燥による肌荒れはもちろん、化粧水の浸透が悪い、メイクのノリが悪いとお悩みの人にもおすすめ!

まとめ

 alt=

肌のかゆみには、肌のうるおいを保つことが期待できる美容液で、保湿することが必要不可欠なお手入れです。
肌にたっぷりのうるおいを与えたい方は、お気に入りの美容液を見つけて、毎日のスキンケアにとり入れてみてくださいね!

あわせて読みたい

敏感肌におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

敏感肌の他の記事を読む