スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌におすすめの化粧品

保湿で選ぶ敏感肌の人のための乳液

更新日:2018/03/02 公開日:2018/01/30

杉本由美

この記事の監修専門家

美肌研究家・ライター

杉本由美

乾燥が気になる冬は肌がより敏感になってしまうということが多いですよね。敏感肌を放置すると様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。ここでは敏感肌へのアプローチ方法をまとめ、保湿で選ぶ敏感肌の人のための乳液についてご紹介していきます。

敏感肌の原因で多いのは乾燥?

敏感肌の原因で多いのは乾燥?

普段は使っている化粧品が、ある日つけたときに刺激を感じたり、ちょっとした刺激で肌ドラブルが起こってしまうときは、肌が敏感になっていることが考えられます。その原因にはさまざまなことが関係していますが、結果として肌は刺激を受けやすい状態になっています。もともと、化粧品成分が体に合わないなど体質による部分もあります。

敏感な肌の状態:水分量の低下・乾燥

敏感な肌の状態:水分量の低下・乾燥

もともと肌には外部からの刺激から守るバリアの機能が備わっています。このバリア機能を働かせるための大きな条件に「水分」があります。肌に十分な水分がある場合は、バリア機能がしっかりと働きますが、肌の乾燥により水分量が低下すると、バリア機能も低下して外部からの刺激を受けやすくなってしまします。主にどのようなことが肌の水分量低下による乾燥を招くのかをみていきます。

  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線など外部による肌ダメージ
  • 加齢による水分量の低下
  • 生活習慣の乱れ

季節によっても肌は乾燥しやすくはなりますが、多くの場合はこれらの原因がきっかけとなって、肌の水分量が低下しています。そのため、普段から正しいスキンケアでしっかりと肌を保湿してあげることが重要になります。十分な保湿ケアには、正しい方法と肌に合った化粧品が必要ですが、ここでは乳液について見ていきます。

乳液の特徴とメリット

乳液の特徴とメリット

基礎化粧品のひとつである乳液は、水分と油分を与えることを目的とした化粧品です。洗顔後の保湿ケアとして化粧水の後に乳液をつける場合があれば、化粧水をつけずに乳液をつける場合もあります。保湿ケアが十分に行うことができれば、どちらの場合でも問題ありません。Tゾーンなどの少しオイリーに感じる部分は控えるなど、肌の状態に応じて使い分けましょう。

夜用と日中用の違い

夜用と日中用の違い

乳液には、夜用のものと日中用の2種類があります。夜用の乳液はスキンケアだけを目的とした成分配合で作られています。日中用の乳液は、外出することを想定して作られています。保湿効果だけでなく紫外線防止剤を含んだ日焼け止め効果があるUV乳液、メーキャップ効果を持ったティント乳液があります。

保湿重視で選ぶ敏感肌の人におすすめの乳液

ここでは保湿で選ぶ敏感肌の人のための乳液についてご紹介していきます。

バランスケア エマルジョン R(d プログラム)

バランスケア エマルジョン R(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量: 100mL
医薬部外品

I さっぱり感触タイプ/II しっとり感触タイプ/

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。ニキビのもとになりにくい処方(すべての方にニキビができないというわけではありません)。
おすすめの理由
季節の変わり目に敏感になることでバランスを崩しやすい肌にアプローチしてくれるアイテム。かさつく部分とベタつく部分が混在するタイプのお肌でもバリア機能を整えながら、しっとりうるおいのあるやわらかな肌へと導いてくれる乳液です。
使ってみた感想
手にとるとサラッとしたミルクのようなテクスチャーで、じっくりと角層に浸透していく感じ。しっとりしたうるおいのヴェールが肌を覆ってくれます。さっぱりタイプがいいけど、保湿効果もしっかりほしい!という人におすすめです。

キュレル 乳液 【医薬部外品】(キュレル)

キュレル 乳液 【医薬部外品】(キュレル)


内容量:120mL
医薬部外品

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み *すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
おすすめの理由
加齢とともにセラミドが減少することも乾燥を悪化させる原因です。このアイテムは「潤浸保湿セラミド機能成分」という保湿成分が含まれており、お肌の角質層深くまでうるおい、乾燥を防ぐことでしっとりつややかなお肌へ導いてくれますよ。乾燥性の敏感肌に着目しているアイテムなので保湿成分以外にも肌荒れを防ぐ働きを持つ有効成分が配合されているのも特徴のひとつ。乾燥にも肌荒れも悩んでいたという方は一度使ってみるといいかも。
使ってみた感想
肌にのばした瞬間にスッとなめらかになじむテクスチャー。保湿を実感できるしっとりとした付け心地なのにベタつかず軽い感じの仕上がりに。うるおいは欲しいけどベタっと重いつけ心地が苦手、さっぱりした乳液が好きな人におすすめのアイテムです。

fサインディフェンス ハイプロテクション(AYURA)

fサインディフェンス ハイプロテクション(AYURA)

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:35mL
医薬部外品

おすすめの理由
紫外線などの外部刺激が肌のバリア機能を低下させることがあるように、このアイテムは日焼け止め効果もプラスされているため、紫外線などをはじめとする環境ストレスによってデリケートになりがちなお肌をしっかりサポートしてくれるんです。外部刺激から守りながら保湿をすることでゆらぎ肌の調子を整えてくれることに期待ができますよ。
使ってみた感想
のびが良くなめらかで重さを感じないサラッとした気持ちの良い付け心地。化粧下地としても使える側面をもった機能性アイテムでお肌の赤みや毛穴を目立たなくするほか、透明感のアップも感じられるところはうれしい魅力といえます。

コラージュ薬用保湿乳液(コラージュ)

コラージュ薬用保湿乳液(コラージュ)

販売価格(編集部調べ):2,916円(税込)
内容量:80mL
医薬部外品

詳しくはこちら

アルコール(エタノール)無添加、パッチテスト済み(すべての方に皮ふ刺激がないわけではありません)、スティンギングテスト(刺激感の有無を確認するテスト)済み(すべての方に皮ふ刺激がないわけではありません)、ノンコメドジェニックテスト済み(すべての方にニキビができないわけではありません)
おすすめの理由
敏感肌や乾燥肌が不足しがちなセラミドが配合されている低刺激スキンケアアイテム。乾燥により敏感になっているお肌を優しく保湿し、バリア機能を高めるサポートをしてくれるのが魅力。バリア機能正常化のサポートに期待ができるので、ザラつきのない潤いあるお肌を目指すなら試してみたいアイテムかも。
使ってみた感想
無香料でみずみずしいテクスチャーでなめらかにお肌になじみ、つけてすぐ優しく保湿がされている感覚が実感できるはず。うるおいは感じられるのにベタつきが気にならず、モチっとハリのある素肌へと導いてくれることに満足できる人も多いのでは。

ムーンナイトミルク(HANA ORGANIC)

ムーンナイトミルク(HANA ORGANIC)

販売価格(編集部調べ):4,628円(税込)
内容量:30mL

おすすめの理由
外部刺激をはじめ、さまざまなストレスを受けて不安定になりがちな肌は、バリア機能が低下し乾燥してしまうことでゆらぎやすい状態。そんなゆらいでいる肌のバランスを整えるサポートをしてくれるのがこのアイテム。ローズウォーターをベースとしているので崩れていたバランスを整えてくれるアイテムです。
使ってみた感想
ダマスクローズの香りに包まれた瞬間、日々のストレスから解放されたような気分でリラックスできるところが大きな魅力。肌になじみしっとりするテクスチャーですが、時間が経過するとサラッとしているのでベタつきたくない人におすすめできるアイテムです。

エッセンスミルク(ヒフミド)

エッセンスミルク(ヒフミド)

販売価格(編集部調べ):4,860円(税込)
内容量:100mL

おすすめの理由
高い保湿効果をもつとされているヒト型セラミド。そのヒト型セラミドが3種も配合されているのでまさに高保湿といえるアイテム。乾燥により油分と水分のバランスが崩れているお肌にもしっかりうるおいを与えてくれ、敏感になっている肌のケアはもちろん、乾燥による小ジワのケア期待ができますよ。
使ってみた感想
保湿力が高いため少し重いと感じるかもしれませんが、乾燥が気になるこれからの季節には使えるアイテム。肌につけるとのびが良く、スーット肌になじんでくれるので、重さが気になる場合は全体に使用する量は少量にして、気になる部分はしっかりのせるなどの使い分けもありかも。

まとめ

保湿で選ぶ敏感肌の人のための乳液のまとめ

スキンケアアイテムのひとつでもある乳液は、お肌に油分と水分を与えてくれるので乾燥が原因の敏感肌へのケアとしても有効といえるでしょう。乾燥知らずで敏感肌にならないためにも、今のスキンケアに保湿力をアップさせるための乳液をプラスさせてみてはいかかですか。

あわせて読みたい

敏感肌におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

敏感肌の他の記事を読む