スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ニキビ対策におすすめの化粧品

凸凹クレーター肌になったニキビ跡を改善する方法

更新日:2018/03/02 公開日:2018/01/24

うるおい十分でツヤのある美しい肌は、全女性の憧れですよね。でも、若い頃のニキビケアが原因で、凸凹としたクレーター状の跡が残ってしまい、鏡を見るたびに憂鬱になってしまう……なんて女性も多いもの。そこで、クレーター肌の効果的な改善方法と、美容家の黒木絵里さんがおすすめする化粧水をご紹介します。クレーターほどはひどくはないけれど、ニキビ跡による肌のゴワつきが気になる……という方も、ぜひ読んで参考にしてください。

ニキビ跡が凸凹クレーターになる原因

ニキビ跡が凸凹クレーターになる原因

私たちの肌は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層から成っています。軽いニキビは表皮にダメージを与える程度で終わり、ターンオーバーとともにクリアになるのが一般的です。しかし、間違ったケアによりニキビの炎症がひどくなり、真皮層にまで炎症が及んでしまうと、肌にしこりができやすくなります。また、真皮層はターンオーバーがおこなわれないので、炎症により大きなダメージを受けてしまうと、ニキビが治った後も凸凹ができた状態のまま、肌に痕跡が残り、クレーター状の跡ができてしまいます。

クレーター状になってしまったニキビ跡は、スキンケアで治すことはほぼ不可能に近いでしょう。ゴシゴシ洗って汚れを取れば治るのではないかと、肌に強い刺激を与えるのはもってのほか。すみやかに皮膚科を受診し、適切な治療をうけましょう。

クレーター状になったニキビ肌のタイプ

クレーター状になったニキビ肌は、ダメージを受けた範囲や深さにより、いくつかの種類に分けられます。

アイスピックタイプ

アイスピックで突き刺したような先が細くなっている状態。開口部は2mm程度と狭いものの、皮膚の奥深くまで達しているのが特徴。

ローリングタイプ

ニキビ跡の開口部が4mm以上と大きく、お皿のように緩やかな陥没がみられます。

ボックスタイプ

円計上のニキビ跡の底が、平らに凹んだもので、クレーターの深さには浅いものから深いものまであります。

スキンケアでできるクレーター肌への対策

クレーター肌になってしまうと、化粧品を使ったスキンケアでの改善は可能性として難しいでしょう。しかし、肌には修復しようとする働きがあるため、軽微なクレーター状のニキビ肌であれば、長い年月をかけて目立たなくなっていくことが期待できます。そのためにも、肌を健やかな状態に保つスキンケアは欠かせません。

  • 肌を清潔に保つ
  • 紫外線対策を心がける
  • 生活リズムを整える
  • よく寝て、細胞の再生を促す
  • 肌の再生に必要な栄養素を摂る

肌の新陳代謝を安定させることで、肌にハリを保ち、クレーターをある程度、目立たなくすることは可能です。しかし、先ほども述べたように、長い時間がかかること。そして症状の程度や個人差が大きく関係してきます。

皮膚科でクレーター状のニキビ跡を治療する方法

では、皮膚科や美容クリニックではどのような治療を受けることができるのでしょうか。日本で主におこなわれている治療方法をご紹介します。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

皮膚科・美容クリニックで行われる施術のひとつで、サリチル酸、グリコール酸、トリクロロ酸などのピーリング用薬剤を使い、肌の古い角質をきれいに取り除き、肌そのものを活性化させる施術です。クレーター肌を大きく改善することは難しいですが、くすみや色素沈着、肌の水分保持量などを改善することで、クレーターそのものを目立たなくすることができます。新しいニキビができにくくなるのも、ケミカルピーリングの効果のひとつです。

施術料金は、受けるクリニックや範囲によって変わります。また、数回にわたり施術を受けるので、費用面についてはトータルの合計で考えましょう。

レチノイン酸塗り薬

レチノイン酸塗り薬

レチノイン酸とは、米国のFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可された、シワ・ニキビ治療用の医薬品のビタミンA誘導体で、皮膚に塗ることで角質をはがし、表皮の細胞の分裂を促し、皮膚の再生をサポートします。真皮層のコラーゲンの分泌を高めることで、皮膚のはりや小じわといった、凸凹の原因となる部分を改善。ただちにクレーターが治る、ということは残念ながらありませんが、安全かつ簡単に治療できる方法のひとつです。価格は病院によって価格にかなり差があるので、事前にホームページで調べておきましょう。

レーザー治療

レーザー治療

クレーター状になったニキビ跡を改善させるためには、美容皮膚科や美容クリニックでのレーザー治療が効果的です。主な治療方法をいくつか紹介しましょう。

フラクショナルレーザー
肌が持つ修復機能を利用したレーザーです。レーザーで肌に無数の穴を点状に開け、細胞の入れ替えを行います。穴が開けられた肌は数日ではがれ落ち、新しい肌に生まれ変わります。レーザーの熱で活性化された真皮がコラーゲンを生成するので、クレーター肌のくぼみを盛り上げる効果も期待できます。1回の治療で5~15%程度の肌を入れ替えるため、複数回の照射が必要になります。また、ダウンタイムは人によりますが7~10日ほど。しばらくの間は、かさぶたができます。
炭酸ガスレーザー
肌表面の水分にレーザーを照射し、患部を除去する治療法で、クレーターの角を削り取り、表面をなめらかにすることができます。施術する医師の技術力が必要となるので、十分なカウンセリングをおこなうのはもちろん、クチコミなどでよく調べたり詳しい人に聞くなど、納得してから施術を受けることが必要です。治療後はかさぶた状になることがあるため、アフターケアが必要です。
クールタッチレーザー
レーザーを照射すると同時に、傷みを軽減する冷却ガスを噴射するレーザー治療です。レーザーの熱で真皮を刺激することで肌を内側から盛り上げ、冷却ガスで表面温度を保つことで凹みを盛り上げる効果も期待できます。肌に傷をつける治療ではないので、ダメージが少なく、アフターケアは基本的には不要なことが大きなメリットになります。

いずれの場合も、しっかりと説明を受け、納得してから治療に進むことが大切です。また、レーザー治療は費用が高額で、数10万円~100万円ほどかかる場合があるので、料金についてもきちんと調べてから受診するようにしましょう。

クレーター肌におすすめの化粧水

クレーター状のニキビ肌は、化粧品によるスキンケアでの改善は見込めません。しかし、健やかな肌を維持するためにも、保湿ケアを欠かすことはできません。美容家であり、肌のスペシャリストである黒木絵里さんがおすすめする化粧水を見てみましょう。

アクネケア ローション W(d プログラム)

アクネケア ローション W(d プログラム)

おすすめの理由
肌がゆらぎがちで、ニキビなど肌荒れが起きやすくキメが乱れているときは、肌が敏感な状態です。そんなときにも使える低刺激で肌におだやかにつかえる化粧水で肌のバリア機能を整えます。弱酸性で、肌本来の力が衰えているときも使うことができます。
使ってみた感想
アクネケアの化粧水というと、アルコールがたっぷり入っていて、消毒するような感じという感覚をおぼえる人もいますが、これは、アクネケア系特有のエチルアルコールフリーで、ピリピリ感もなく穏やかに使うことができます。部分的にニキビや肌荒れができてしまった場合、部分づけをしてみてもよいかと思います。

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:125mL
医薬部外品

詳しくはこちら

FDR アクネケア 化粧液(ファンケル)

FDR アクネケア 化粧液(ファンケル)

おすすめの理由
ニキビができている状態は、肌のバリア機能が低下し、炎症をおこしている状態です。それを予防するためには、バリア機能を高め、肌ストレスがない状態をキープすることが必要です。この化粧水は、アクネケアアイテムに入っていることの多い殺菌剤が入っておらず、バリア機能低下に考慮したアイテムです。皮膚科専門医と共同開発のラインなので、選び抜かれた配合成分にも注目です。
使ってみた感想
アクネケアアイテムだとピリッとした刺激を感じることもあるのですが、このアイテムは、さっぱりした使い心地ながら、しっとりとした仕上がりです。私の場合は、ニキビができている部分に集中的に使用しましたが、ニキビケアに向けた薬用というだけあって普段使ってる化粧水よりも早くケアできたように思います。

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:30mL
医薬部外品

オードムーゲ 薬用ローション(オードムーゲ)

オードムーゲ 薬用ローション(オードムーゲ)

おすすめの理由
オードムーゲは、歴史ある拭き取り化粧水。抗炎症成分が肌荒れを防ぎ、ニキビの原因菌を殺菌して、肌トラブルの起きにくい肌へと導きます。洗顔後に、ニキビができている部分、あるいはできそうだなと思う部分nオードムーゲを含ませたコットンでサッと拭き取ります。コットンパックもオススメですが、ニキビがある部分にだけおこなうとよいでしょう。
使ってみた感想
オイリーな肌質の方に特に向いているアイテムです。肌の余分な汚れや皮脂を取り除き、抗炎症成分でニキビや肌荒れを防ぎます。肌が敏感な人や乾燥がひどい人は、肌への刺激を感じる場合もあるので、部分的に使用するか、皮膚科医に相談の上ご使用されることをオススメします。

販売価格(編集部調べ):1,048円(税込)/ 2,808円(税込)
内容量:160mL / 500mL 
医薬部外品

詳しくはこちら

アクネ クラリファイング ローション(クリニーク)

アクネ クラリファイング ローション(クリニーク)

おすすめの理由
こちらも拭き取りタイプの化粧水で、ニキビの原因となる古い角質や余分な皮脂を吸収します。ちょっと特殊なのは、オイル吸収パウダーが入っているということ。肌を清潔に整えながら、オイル吸収パウダーで皮脂バランスを上手にコントロールします。
使ってみた感想
古い角質をおだやかに取る拭き取りタイプの化粧水で、肌質別でタイプ(番号)がわかれています。洗顔後に使用しますが、スッとした清涼感があり、皮膚が薄い人にとっては若干刺激を感じてしまうことも。しかし、Tゾーンなどの皮脂分泌が過剰な部分のポイント使いなど、さまざまな使い方ができるのでとても便利です。

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:200mL
医薬部外品

ケイカクテルVローション(ドクターケイ)

ケイカクテルVローション(ドクターケイ)

おすすめの理由
12種類のビタミンが配合されており、保湿、引き締め、毛穴ケアに着目したスペシャルな化粧水です。豊富なビタミンで毛穴ケアをおこなうことはもちろん、超高保湿処方なので、気になる年齢肌や肌荒れ後のケアも少しずつサポートしてくれる化粧水です。
使ってみた感想
高分子ヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸のミックスで、美容液のような保湿力を持った化粧水。保湿力だけでなく、気になる肌トラブルや毛穴の引き締めケアにも向いています。

販売価格(編集部調べ):7,560円(税込)
内容量:150mL

アクネケア&美白水(アクアレーベル)

アクネケア&美白水(アクアレーベル)

おすすめの理由
アクネケアと美白が同時にできる、コスパの高い化粧水です。顔だけでなく、首元にもニキビができやすい方は、コットンで首元に使うのもいいでしょう。同じ場所に繰り返しできるニキビも予防できるなど、大人の肌悩みもしっかりとカバー。持続安定型ビタミンCで、気になるシミそばかすケアもバッチリです。
使ってみた感想
ホルモンバランスや季節の変わり目など、何かと肌がゆらぎやすいとき、こういったアイテムが1本あるととても便利。同じ場所に何度もできるニキビは、集中的にこういったアイテムを使用し、ニキビ跡のケアも同時におこないましょう。アクネケア+美白だとさっぱり感が強すぎるかと思いきや、保湿力も十分なので急な吹き出物トラブルのときも使うことができるでしょう。

販売価格(編集部調べ):1,512円(税込)
内容量: 200mL
医薬部外品

詳しくはこちら

まとめ

凸凹クレーター肌になったニキビ跡を改善する方法のまとめ

ニキビを予防し、肌をきれいに保つためには、コーヒーやスパイスといった刺激物の摂りすぎや、肉類、糖分の摂りすぎにも気をつけたいもの。そして何より、質の良い睡眠をとり、お肌のターンオーバーを安定させることが大切です。化粧水でたっぷり肌に栄養を与え、ゆっくり寝て、健康的な食生活を心掛ける…このように生活習慣を変えることも、クレーター肌対策のひとつであることを、覚えておきましょう。

あわせて読みたい

ニキビ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

fem.リサーチ

ニキビ・吹き出物の他の記事を読む