スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ジェイアイエヌ

インタビュー

眼科医とタッグを組んで新しい市場を開拓

(スキンケア大学)  パソコン用のメガネとして人気となったJINS PCですが、こちらが誕生したきかっけなどを伺えますか?

(池川)  ブルーライトという言葉が、まだ一般的に認知される前まで遡りますが、当社の社長がパソコンやタブレット端末を頻繁に使用することで眼が疲れていることに対し、ブルーライトに原因があるのではないかと、産学連携する病院の先生からの示唆がありました。

そこで、同じような症状に悩んでいる方々に向けて、本業であるメガネを用いて何ができるのかを考え、眼科医と共同でブルーライトの影響や、ブルーライトをカットするメガネの研究を本格的にはじめ、JINS PCが誕生いたしました。

それまでのメガネは視力矯正が目的でしたが、ブルーライトのカットという機能に加え、パソコンを使う時にかけるメガネというシチュエーションを設けたことで、「眼を守る」という新しい価値も提供でき、メガネを掛けない人にも掛けていただけるメガネという発想に、メガネの市場自体が大きく変わったと感じております。

はじめはプログラマーやエンジニアなど、パソコンを使用される技術者に向けたプロモーションが中心でしたが、今では、主婦や学生の方などスマートフォンを日常的に使用する層が拡大しておりますので、ブルーカットによって眼だけでなく体にどのような影響があるのか、分かりやすくプロモーションを展開し、JINS PCの必要性をお伝えしています。

眼の保護だけでなく、アイケア全般にも

(スキンケア大学)  人気となった背景について、どのようにお考えですか?

(池川)  開発当初、どのようなメガネがよいのか熟慮を重ねておりましたが、モニタリングを行った際、パソコンの前でかけるというシチュエーションは決まっているのだから、遊び心のある楽しいものがよいという意見をいただきました。

それまでメガネをかけていなかった方にとっては、“ファーストメガネ”になるためテンションもあがります。そこで、メガネをかけることを楽しんでいただきたいという想いもあり、カラーバリエーションを豊富にして発売することとなりました。
最初に、ブルーライトを約50%カットするタイプで、定番のスクエア型のフレームは16色展開しましたが、“メガネをかけている自分”を演出する楽しさも手伝い、今でも赤や緑などの明るい色も人気となっています。

このほかにも、ニーズにあわせて在り方を変化させてきました。
今では度つき、度なしの対応はもちろん、カット率が高いレンズの場合どうしても薄い色がついてしまうため、色つきのレンズに抵抗のある方にはクリアレンズ(ブルーライト最大約35%カット)タイプもご用意いたしました。

また、機能性をもたせることでの販路も拡大しております。特にITを中心とする企業のみなさまに一括導入していただくケースが多く、社員の方への想いを、メッセージツールとして「メガネ」に託す役割も担っています。
それは福利厚生であったり、業務効率をあげるためであったり様々ですが、その背景に、あらかじめメガネをレンズとフレームがセットのパッケージ商品にして買いやすくしたことにより、ご導入のハードルが下がったことが挙げられます。

(スキンケア大学)  メガネで眼を保護してあげることで、わたしたちにとってどのような効果がありますか?

(池川)  医師の監修のもと、さまざまな実証実験を行いましたが、ブルーライトの特徴として脳が覚醒してしまうことが分かってきました。
夜寝る前にスマートフォンやパソコンを見ることによって体が起きてしまうと、体内時計が狂ってしまいます。それによって睡眠不足を引き起こし、やがて疲れやだるさなど様々な影響となってあらわれてしまうのです。
また、ブルーライトは可視光線のなかでも一番エネルギーが強い光です。これによって眼への直接的な影響も懸念されますし、眼が疲れることによって、クマや眼のおちくぼみなども気になる原因になるかもしれません。

JINS PCにより、日常的に使用頻度の増えたブルーライトの影響を軽減することで、健康や美容に関して悩んでいる方に、間接的にでも寄与できることにはとても意味があると考えています。

眼そのものがイキイキしていることが大切

(スキンケア大学)  今後、女性向けにどのような展開を予定されていますか?

(池川)  機能性の高いメガネをいくつか発売してきましたが、機能性が高いという理由だけでは、女性に受け入れてもらえるものではないと考えています。
かける楽しさであったり、ファッション性が高いものでなくては、女性の方は決してかけていただけませんので、そういうことを考え、今後も精力的に商品開発をしていく予定です。

(スキンケア大学)  女性の方にメッセージをお願いします。

(池川)  アイメイクで眼の印象が変わることは、多くの方がご存知のはずですが、眼そのもののケアは疎かにしがちではないでしょうか?
魅力的な印象を与えるためには、眼そのものがイキイキしていることが大切です。
しかしながら、スマホやパソコンを切り離す生活はもはやできない世の中にもなっています。

眼を守りつつも、ひとつのファッションアイテムやコミュニケーションツールとしても、毎日の生活を充実するためのメガネライフを楽しんでいただきたいと思います。

ジェイアイエヌ 企業情報

アイウエアブランド「JINS」は、もともと視力矯正用のアイウエアを提供していましたが、眼をケアするべき人は視力が低い人だけではない、と考えています。
そこで2009年から「機能性アイウエア」として、ブルーライトから眼を守る「JINS PC」をはじめ、乾燥から眼を守る「JINS Moisture」、花粉から眼を守る「JINS 花粉Cut」、またスポーツ用サングラス「JINS SPORTS」を展開しています。
もちろん紫外線は全て99%以上カット。眼に入る紫外線もお肌のシミ・そばかすの原因と言われています。お肌や眼を大切にしてほしいから、JINSはこれからもアイウェアを通じて様々な提案をしていきます

ジェイアイエヌのサイトへ

ジェイアイエヌ

ビューティーサポーターズ

ビューティーサポーターズニュース

更に最新記事を見る

閉じる

参加企業