美容鍼灸

更新日:2014/07/15

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

鍼灸(しんきゅう)と聞くと、肩コリや疲労改善のための治療と思われる方も多いかもしれません。しかし今では美容に特化させた、“美容鍼灸”というものが話題になっているんです。

美容鍼灸とは東洋医学の「体の健康をなくして美容は実現できないという考え(健美)」に基づき、気の流れや経穴(ツボ)を使い、お顔の悩みやバスト・ヒップ・姿勢などをより美しく整えてゆく、鍼(はり)や灸(きゅう)による施術のことを指します。

鍼灸は倦怠感や眠気を引き起こすこともありますが、副作用は少なく、安全な東洋古来からの治療法としてWHO(世界保健機構)でも正式に認められています。ここ数年は、健康志向の高い欧米諸国でも注目されているんです。

美容鍼は、皮下組織や身体にある経穴(ツボ)を鍼で直接刺激することによって、肌細胞を活性化させます。また、灸(きゅう)ではヨモギを乾燥させた葉をつきつぶして得られたモグサというものをひねり、経穴(ツボ)の上などで燃やし、細胞の活性化を促します。

こうして活性化した細胞により、硬くなった筋肉をやわらかくしたり、低下した筋力を改善させます。それによって、シワ・たるみ・リフトアップなどに効果が期待できるんです。

ただし、敏感肌の方などは鍼によってお肌が荒れてしまうこともあるので注意が必要です。また、現在では美容鍼灸のサロンでも鍼が中心のところも多いので、いろんなサロンを試してみて、自分にピッタリのところを見つけてみましょう。

他の美ワードの記事を読む

美ログ