指ヨガ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(2)

ヨガに興味はあるけど、「実際に教室に通うのがめんどう」「身体が硬いからできないかも」などの理由で、挑戦したことない方って意外と多いのではないでしょうか?今回の美ワードでは、めんどくさがりな人も、身体が硬い人も簡単にできるヨガ、「指ヨガ」をご紹介します。

指ヨガとは、呼吸と合わせて指をマッサージしたりストレッチしながら、、身体の調子を整える指でおこなうヨガのことです。足の裏と同じように、手にも反射区(身体の各器官や各部位につながっている抹消神経(まっしょうしんけい)が集中しているところ)があり、気になる身体の部位の反射区を刺激しながら呼吸をすることで、いつでもどこでも簡単にヨガができます。

指ヨガにもさまざまな方法が存在しますが、今回は「瀧村式指ヨガ」というものの一部を紹介します。瀧村式指ヨガとは、ヨガ指導者の龍村修先生が、手のマッサージから気づきを得て、深い呼吸と手や指の関連部位を刺激し、手軽におこなうことができる指ヨガとして発展させたものです

ポイントは、息を吐きながら押して、息を吸いながらゆるめること。また、部位にこだわらずに凝っている部分や痛いところ重点的に刺激することだそうです。瀧村式指ヨガの方法を以下で簡単にご紹介。

■肩こり
・人差し指と薬指の付け根部分が反射区。指と指の間を強めに押す。
■便秘
・手のひらの中心をおへそと考えます。そこから9つのブロックに分け、真ん中からスタートして、左下から円を描くように右回りに順番に指押します。特に硬いところを丁寧に。右手も向きは同じ。
■冷え・むくみ
・親指と小指全体を、手のひら側と手の甲側の両方からこすると、脚の冷えが改善されます。うっすらと赤くなるくらいこすると、体も温まってくるそうです。

通勤時間やお昼休みなど、隙間時間に「指ヨガ」を取り入れてみてはどうでしょうか?

他の美ワードの記事を読む

美ログ