肌サビ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

みなさん「肌サビ」を聞いたことはありますか?「肌サビ」とはすなわち、「お肌が錆びてしまうこと」を言います。

「お肌が錆びる」というのは、お肌の細胞が酸化してしまい、正常な働きができなくなってしまうことを意味します。

例えば、メラニンがつくられる量やタイミングが狂ってしまったり、お肌の内側にあるコラーゲンが傷つき減少してしまったり、古くなった角質がうまく排出されなかったり…などなど、お肌が酸化し「錆び」が生じることによる、多くの肌トラブルの原因となります。

そのため、肌サビ=お肌の老化ともいわれています。

細胞が酸化してしまう原因は「活性酸素」にあります。この活性酸素とは、もともと安定した形状で体内に存在している酸素が紫外線などの外的ダメージや食品添加物の摂取や、ストレスなどの内的ダメージによって酸素が不安定な形状になったものです。

不安定な形状の酸素は安定しようとする働きが強いため、他のものとくっついてしまいます。こうして体内の酸素が細胞とくっついてしまうことで酸化状態となり、いわゆる「錆びる」状態となるのです。

肌サビを防ぐには抗酸化作用のある、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE、セレンポリフェノール、リコピン、ルテイン、アントシアニン、βカロテン、アスタキサンチン、レスベラトロールと言った成分を食事やサプリで積極的にとることで、対策ができます。

また、紫外線も活性酸素の原因となるので、日々の紫外線対策も肌サビ予防につながります。

他の美ワードの記事を読む

美ログ