肌にごり

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

最近アンチエイジングの話題などで度々目にするようになった「にごり肌」。あまりいいイメージではないけれど、これってつまりどんなお肌を指すのでしょうか。

「白く澄んだお肌」「透明感のあるお肌」「透き通るような白さ」など、誰もが憧れるお肌ですよね。肌トラブルはなく、毛穴もきちんと閉じていて、シミやそばかす、シワやたるみもなさそうです。陶器のようなお肌の状態が整っている状態をイメージできます。

一方、にごり肌はその反対です。具体的にどのような状態かというと、各化粧品会社や媒体によってもその定義に幅がありますが、主に、なんとなく顔色が暗く冴えなかったり、シミやそばかすではないけど、お肌が黒ずんで見えることをいいます。

原因としては、以前までは、紫外線によるお肌のダメージ、生活リズムの乱れによって、ターンオーバーがきちんと行われず、古い角質が残ってしまっていたり、お肌のキメが粗くなっている状態や毛穴の広がりが原因だといわれていました。

しかし、最近の研究では、お肌の内部の細胞の大きさが均一でなく、お肌にあたった光が均一でないためという結果も出ています。

上記、どちらの理由にしろ、正しいスキンケアで十分な保湿を行い、お肌を健康な状態に保っておくことが、にごりのないお肌にするための条件だと言えそうですね。

「にごり肌」になる前に、毎日のケアをきちんと行いましょう!

他の美ワードの記事を読む

美ログ