メディカルハーブ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

普通のハーブは、ハーブティーなどで飲んでいる人も多いと思いますが、ハーブの持つ香りや味を楽しむものです。一方、メディカルハーブはハーブに含まれる効能を病気などの治療や日常の健康維持に使用するハーブのことです。要するに薬用効果を持つ薬草のことです。日本では古くから親しまれているドクダミ茶があります。例えば、咳に効果のあるハーブをハーブティーなどにして飲むと、咳が治まる効果が期待できるものです。

では、メディカルハーブと一般的に病院で処方される薬の違いは何でしょう?その違いは含まれる成分の濃さと、種類です。薬はふつう、単一の成分で、「咳をとめる」や「熱を下げる」などの一つの症状にたいして働きかけるものです。メディカルハーブは、そこに様々な成分が含まれおり、バランスよく、緩やかに身体に作用します。また、自然治癒力や自己調整機能にはたらきかける作用もあり、ストレスによる、心身の不調や生活習慣病が問題となっている現代において、非常に注目されているのです。

メディカルハーブは薬と似たような強い作用を持つため、「日本メディカルハーブ協会」が認定する資格を取得しなければなりません。正しい、知識を身に着けて安全に楽しみたいですね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ