蒙古ひだ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

「蒙古ひだ」とは目頭部分を覆う上まぶたのひだのことで、「モンゴロイド」という人種である日本人に多くある目の形状だと言われています。また、アーモンド形のぱっちりした目の特徴がある西洋人の方に蒙古ひだがあるのは稀だともいわれ、このことからも日本人が海外セレブに憧れる理由がわかりますよね。

蒙古ひだがある目には、涙丘という目頭に見えるピンクの肉が蒙古ひだによって隠れて見えません。これによって「目が小さく見える」「一重まぶた」「目が離れて見える」など、自分の顔のコンプレックスの一つとして蒙古ひだに悩む女性が近年多くなっているようです。そんなデメリットに感じてしまう蒙古ひだですが、実はメリットも!

蒙古ひだはハリが強く、年齢を重ねても目がたるまずシワになりにくいため若く見えると言われています。それでもやっぱり目を大きく見せたい!蒙古ひだをなくしたい!という方のために、改善案をご紹介しますね。

まずは「マッサージ」で蒙古ひだが解消される方法。マッサージ方法は蒙古ひだがある目頭から鼻の根元を親指と人差し指でしっかりつまみ、30秒から1分間キープしてください。それを毎日1回ずつでも繰り返し行うことで、少しずつまぶたに重くかかる蒙古ひだが解消されることがあるようです。
他にもリキッドアイライナーで目頭のアイラインを少し長めに書くなどメークで改善されることも。

蒙古ひだがあることをコンプレックスに感じている方は、これらの改善案をぜひ試してみてくださいね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ