赤リップ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

大流行の「赤リップ」、もうお持ちでしょうか?真っ赤な口紅はとてもセクシーで女性の印象を変えてくれる素敵アイテム。しかし使い道を間違えると派手なインパクトとなってしまうため、せっかく持っていても使っていないという方も多いかと思います。

そんなこれまで敬遠していた方でも、新しい魅力的な自分に出会える赤リップを上手に使えるポイントをお伝えしましょう。

まず、赤リップにも様々な色、質感の違うものがあり、使い分け次第で印象が変わることはご存知ですか?

例えば、この秋冬で流行っているのは、ボルドーのような少しダークよりの色でマットなもの。これは春夏に流行ったグロスタイプやツヤ感のある鮮やかなものとは違い、大人っぽい秋冬の服と合うものかと思います。

このように、発色のいい赤だけにとらわれず、自分のファッションや肌の色、髪型、イメージにあった「赤」を選ぶことが重要なのです。

そして次に大事なのは、他のメークとのバランス。どうしても赤は目に行きやすいため、印象が強くなるため他のパーツメークもそれに負け時と強くしていくと、いわゆる「ケバイ」顔となり失敗してしまうことも。チークは淡い色をほんのりとし、アイメークもベージュにまとめるなどうまく「引き算メーク」をしていくと赤リップを有効に活用した素敵なメークとなるでしょう。

様々な時代で女性を華やかに見せた「赤リップ」。トレンドとして戻ってきた今、せっかくならばぜひ試してみてはいかがでしょうか。

他の美ワードの記事を読む

美ログ