ミルフィーユ保湿

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

話題のスキンケア方法「ミルフィーユ保湿」は、多くの美容家の方がオススメする大注目の美容法です。その方法とは、スイーツのミルフィーユのように乳液・化粧水・乳液・化粧水と重ねて付けていくというもの。

しかしここでポイントなのは、その順番です。通常洗顔後には化粧水→乳液という順でスキンケアをするのが一般的ですが、ミルフィーユ保湿では、乳液→化粧水の順でケアをします。

なぜならば、化粧水を先に塗ると乾燥しやすいお肌(インナードライ)の場合、水分が蒸発してしまうから。そして乳液を先につけることで、柔らかいお肌となり水分を受け止めるスポンジのように機能し、そのあとにつける化粧水の水分が浸透しやすくなるのです。

では次に「ミルフィーユ」のように重ねる際のポイントをお伝えしましょう。乳液→化粧水と重ねて付けていく時に、気にしたいのが「肌なじみ」です。乳液→化粧水→乳液→化粧水…と重ねて付けていくことで、お肌がモチモチしてきたり、しっとりしたりと保湿できていることを感じたらお肌になじんできた証拠。

肌なじみを感じたら乳液や化粧水を重ねるのをやめて、美容クリームなどでしっかりふたをし、お肌に馴染んだ保湿成分を閉じ込めましょう。そうすることで、保湿力が持続し「一日中乾きが気にならない」「お肌がふわふわとする」など高い保湿効果を実感することができるようです。

乾燥肌は肌トラブルの元。健康でキレイなお肌を保つためにも、ミルフィーユ保湿は強い味方になってくれそうですね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ