髪ヤケド

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

「髪ヤケド」とはその名の通り、髪がヤケドしてしまう現象のことを言います。髪がヤケドする原因はドライヤーによる「熱」にあるのです。

一般的に髪が耐えられる温度は70度が限界であり、さらにダメージのある髪だと60 度が限界だとされています。ところが、近年では、早く乾くことを目的とした「高温ドライヤー」が多く販売されており、これを使い過ぎていることも髪ヤケドの原因の一つだと言えるでしょう。

例えば、ドライヤーの温風が手に当たり「熱い!」と感じたことはありませんか?その状態だと髪は既にヤケドしているかもしれませんね。

髪がヤケドしてしまうと、髪の表面にあるキューティクルが溶けて隙間がふさがれてしまい、髪にハリやコシがなくなっていまいます。また髪はタンパク質でできているため、熱によって成分が変質し、髪が堅くなってしまうことも。

本来、このような症状が見られた時点で、ヘアケアがしっかりできれば髪ヤケドは改善するでしょう。しかしその症状が髪ヤケドによるものだとは自分では気づけずダメージが進行してしまい、トリートメントが浸透しないまでに悪化する人も少なくないようです。

このような髪のダメージを防ぐためには、低温ドライヤーを使うことが効果的だとされています。それに加えて、タオルドライでしっかりと乾かし、ドライヤー時間を短くすることも重要だと言えるでしょう。

キレイな髪は女性を美しく見せるもの。髪ヤケドを意識して髪を守ることも大事な美の秘訣なのではないでしょうか。

他の美ワードの記事を読む

美ログ