エラスチン

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(3)

今様々な美容成分が配合された保湿化粧品が販売されている中でも、人気の配合成分として「エラスチン」が注目されているのはご存知でしょうか?

「エラスチン」とは、体内の弾力性や伸縮性を必要とする靱帯・動脈・肺・皮膚の真皮に存在するたんぱく質の一つです。とはいえ、皮膚の真皮で必要な弾力を補う成分というと、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」といった美容成分をまず連想する方も多いはず。

もちろんこれらも重要な成分ですが、実は「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」はどれもお肌の「ハリ」「弾力」にとって欠かせない成分なのです。

そのことをご説明するためにも、お肌のハリや弾力のメカニズムをお話します。

まず、いずれの成分も皮膚の「真皮」に存在し、真皮の70 %を占めているのがコラーゲンであり、エラスチンは5%程度。その点からも、お肌に必要な成分はコラーゲンなのではないかと考えられがちなところはあるでしょう。しかしコラーゲンと網目状に結びあい、お肌につなぎとめる大事な役割をするのがエラスチンなのです。さらにこれらの間を埋めているヒアルロン酸が水分をしっかりと保持していることが重要となります。つまりこの3つの条件が整ってこそ、水分が保たれた「ハリ」「弾力」のあるお肌が実現すると言えるでしょう。

効果的なエイジング成分として配合されていることが多い「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」。これらの深い関係と必要性はお分かりになりましたでしょうか?真皮にあるこの3つの美容成分をしっかり補って、肌本来の美しさを保ちたいものですね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ