グリーンネイル

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

今やジェルネイルをはじめ、爪先を彩ることは女性にとって美しさを作るためのデフォルトケアの一つともなっています。これを安全に楽しむためにも「グリーンネイル」の知識は持っておいたほうがいいでしょう。

「グリーンネイル」とは爪に入り込んだ菌によって爪が緑色に変色する状態をいいます。これは「爪カビ」とも呼ばれ、実際にネイルサロンでの相談事例も多くあるのです。

ジェルネイルをしていると、爪が伸びてきたりジェル成分が浮いてきたりと地爪の間に隙間ができることがありますよね。この状態をそのままにしてしまうことこそが、グリーンネイルを生み出す原因となってしまう可能性が…。

グリーンネイルの原因となる菌は、水分を好み繁殖する「緑膿菌」。シャンプーをする、手を洗うなど私達は日常のあらゆる場面で水を使います。このときに「緑膿菌」と「水」がジェルネイルと地爪の間にできた隙間に入り込んでしまうと緑膿菌が繁殖し、グリーンネイルを作る環境が整ってしまうのです。

グリーンネイルになった時の対処法は、爪を乾いた清潔な状態にして皮膚科にかかること。つまりジェルネイルをしている人は少しでもこの症状が気になったら、まずネイルサロンでジェルネイルのオフをした方がいいでしょう。自分でオフすると余計に爪を傷つけたり薄くし、回復が遅れることもあるので要注意。より早くジェルネイルを再び楽しむことができるようにも、オフはプロに頼むことが良いようですね。そして予防としては、清潔を保つためにも定期的にジェルネイルの付け替えをすることが大切だと思います。

他の美ワードの記事を読む

美ログ