ノンシリコンシャンプー

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

「ノンシリコンシャンプー」は、CMやドラッグストアで今や当たり前のように見かけるので、既に使っている方も多いと思います。もちろん髪質に合っていれば、美しい髪を手に入れることができるでしょう。

しかし、あなたはノンシリコンシャンプーが合う「髪質」、そして「配合成分」や「効果」をきちんと理解できていますか?

そもそもシャンプーに含まれるシリコンとは、本当はシリコーン(silicone)というのが正解です。シリコン(silicon)というとまた別のものの名前です。シリコーンは髪をコーティングし指どおりを良くしたり、ツヤを出すために配合されています。逆にシリコーンが入っているデメリットは、流しきれずに地肌に残ることで傷みの原因になる点です。

つまりそれを回避するためにはシリコンの含まれていないノンシリコンシャンプーの方がいいかもしれません。ただしノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、シリコーンに代わるヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなどの指どおりを良くする成分含まれているかをしっかり確認しましょう。

しかし、既にダメージが強すぎる髪にツヤをコーティングするシリコーンを与えなければ、髪はパサパサの状態に。美容師さんに「あなたの髪にはオススメしない」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。
またノンシリコンシャンプーの中でも、高級アルコール系の洗浄成分を使っているものだと洗浄力が強く逆にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

確かにプレミアム感があるノンシリコンシャンプー。しかし「人気だからなんでもいい」ではなく、何よりもあなたの髪に必要な成分が含まれたシャンプーを選ぶことが、美しい髪を保つ秘訣なのではないでしょうか。

他の美ワードの記事を読む

美ログ