デンタルフロス

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(2)

今やお口のケアも美容活動の一つとなっていますよね。また美しさのみならず、女性にしても男性にしても、社会で人と関わる上でキレイな歯、口臭への配慮はエチケットともなっています。でも歯をしっかり磨いたからOKではありませんよ。歯磨き+「デンタルフロス」でさらにお口の中を美しく保ちましょう!

最近では歯ブラシや他のオーラル製品と共に歯のケア用品として並ぶ「デンタルフロス」。これは歯ブラシでは取りきれない歯と歯の間の歯垢や食べ残しを除去し、虫歯はもちろん歯周病の予防をするための細い糸です。

また同様の役割をする「歯間ブラシ」がありますが、これが正常の歯と歯の間に入るには大きくて、歯ぐきに傷をつけて歯ぐきが下がる原因となってしまうことも。歯間ブラシは、既に歯周病などでできてしまった大きな隙間に使うといいでしょう。

そしてデンタルフロスは歯を白く保つことにも効果があります。それは歯が黄色く見えてしまう理由の一つが、黄白色の歯垢であるから。これをそのままにしてしまうと歯石となり歯の白さが奪われてしまい、さらに歯垢は口臭の原因にもなるのです。

これでは、どんなにお肌をキレイに保っても、清潔感があるかっこいいビジネスマンでも台無しになってしまいますよね。

これらの理由からも、今も未来も美しい歯でより美しい自分を保つためにも、デンタルフロスの利用は必要だと言えるのではないでしょうか。

他の美ワードの記事を読む

美ログ