水パーマ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

美容院のメニューでパーマにも色々種類が…どれを選んでいいのか一見わかりませんよね。そんな美容院の数あるパーマの中でも、近年主流となりダメージを受けている髪でも安心してできて、さらには頭皮へのダメージも少ないのが「水パーマ」なのです。

従来のパーマのメカニズムは、アルカリが含まれたパーマ剤でキューティクルを開き、パーマ液を浸透させてウェーブを作るというもの。よく、パーマをすると頭皮がかゆくなったり、しみたりすることがありませんか?

この症状の理由は、パーマをする過程でアルカリが頭皮の毛穴に残り、頭皮のかゆみや荒れの元になってしまうからです。またこのような症状は、これまでパーマをかけても出なかったのに、突然引き起こしてしまうこともあるので注意が必要でしょう。

一方「水パーマ」は、微細化したスチーム(水粒子)で、キューティクルを薬剤ではなく水蒸気で自然に開くことができます。そのためパーマ剤の浸透力が高く、パーマにかかる時間も短いうえに、薬剤による頭皮に与えるダメージを最小限に抑えることができるのです。
頭皮のダメージは薄毛や抜け毛の元にもなります。これではせっかくトリートメントなどのケアで髪をキレイに保っても、台無しですよね。つまりキレイな髪を保つためには、頭皮に優しいオシャレをする必要があるでしょう。

このような点からも頭皮の傷みが心配な方は、水パーマを含め複数のパーマの種類がある美容院に行くことがオススメです。ご自分の髪や頭皮のダメージ具合などを美容師さんと相談して、頭皮に優しいパーマでオシャレを楽しみましょう!

他の美ワードの記事を読む

美ログ