塩洗髪

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(3)

フケやニオイ、抜け毛など、気になる頭皮や髪のトラブル。皮脂分泌が多く汚れが溜まりやすい頭皮は、髪が絡まりやすく、ケアの難しい場所でもあります。

そんな頭皮の悩みを解消する方法として話題なのが「塩洗髪(塩シャンプー)」。塩洗髪とは、シャンプーや石鹸のかわりに食塩水で頭を洗うものです。

フケや抜け毛などの頭皮トラブルの原因として、シャンプーによる洗髪のしすぎがよく言われます。洗浄力の強いシャンプーは、汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまい、皮脂の過剰分泌を招いてしまうのです。その点、塩洗髪は皮脂を落としすぎず、汚れを優しく落としてくれるので、地肌へのダメージを防ぐことができます。

塩洗髪の効果としては、皮脂汚れによるニオイ、フケ、かゆみを防いだり、頭皮環境を整えて、抜け毛や薄毛の改善も見込めるようです。肌が弱く、通常のシャンプーが合わない方にもおすすめです。

塩洗髪をする前に、まずは髪をよく梳かして、髪表面のホコリを落としておきます。その後、ぬるま湯で予洗いをし、地肌をしっかりと濡らしてください。

洗面器にお湯を張り、そこに小さじ2~3杯程度の塩を入れてよくかき混ぜます。この食塩水を手ですくい、地肌へつけてください。指の腹で優しくマッサージしていくと、汚れが浮いてぬめりが出てきます。最後にぬるま湯でしっかりと洗い流したら完了です。

塩洗髪を行うなら、最初は週に1,2回、シャンプーのかわりとして試してみるのが良いでしょう。塩洗髪とシャンプーを交互に行っているという方も多いようです。

他の美ワードの記事を読む

美ログ