塩ヨーグルト

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

いま、その価値が見直されている発酵食品。最近は塩麹が話題となりましたが、次の”万能調味料”として注目されているのが「塩ヨーグルト」です。

塩ヨーグルトはその名の通り、ヨーグルトと塩を混ぜ合わせたもの。この塩ヨーグルトに肉や魚を漬け込むと柔らかくジューシーに、野菜を漬けると簡単にお漬物ができるとして話題となっています。

ヨーグルトには様々な健康・美容効果がありますが、それはヨーグルトに含まれる乳酸菌のおかげ。乳酸菌は“第二の脳”と呼ばれる腸の調子を整えて、身体の健康や美肌を作ります。このほかにも、免疫力を高めて風邪を防いだり、ニキビや肌荒れの改善、ダイエットなど、さまざまな効果が注目されています。

ヨーグルトに塩を加えると、この乳酸菌の働きが活発になり、さらに高い効果が期待できるのだそうです。

食材を漬け込むとヨーグルトの栄養や乳酸菌がその食材に浸透するため、ヨーグルトの健康効果をお料理からも取り入れられるんです。乳酸菌の効果でうまみが凝縮し、お肉や魚もふっくらして、おいしさもアップします。

塩ヨーグルトの作り方は、プレーンヨーグルトに3~5%の食塩を混ぜあわせるだけ。ここに切り昆布や顆粒ダシを少量加えると風味が増します。

野菜の漬物を作るなら、上の塩ヨーグルトに浸けて、冷蔵庫で2日ほど放置。食卓に出すときにはさっと洗い流しても、塩ヨーグルトがついたままでもおいしくいただけます。

お肉や魚を一晩漬け込めば、臭みが取れて、しっとりと柔らかくなります。塩ヨーグルトにカレーパウダーや生姜、ニンニクを混ぜあわせて、鶏肉を浸けて焼けば、タンドリーチキンにも。

ほかにも、水切りをした塩ヨーグルトをムニエルにかけたり、茹でたジャガイモとあえれば、マヨネーズを使うよりもヘルシーにポテトサラダが作れます。おいしい料理が手軽にできて、健康にも美容にも嬉しい塩ヨーグルト。ご家庭でも一度試してみてはいかがでしょうか。

他の美ワードの記事を読む

美ログ