血色メイク

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

血色メイクとは、透き通った肌、ほんのり薔薇色に色付いた頬、自然な赤みのあるリップが特徴的なナチュラルメイクの進化版のこと。
 
春先は春服に衣替えして、気分は春真っ盛りでも意外と外が寒くて、身体が冷えてしまってクマができて暗い印象になっていたり、まだまだ続く乾燥でお肌がくすみ気味の人多いのでは?

そんな女性の救世主がこの血色メイクなんです。それでは、血色メイクのポイントを紹介します。
 
まずは、洗顔後のスキンケアでしっかりと保湿をしましょう。ここで手を抜くとせっかくのメイクもすぐによれて台無しに。しっかりと保湿をした後は、下地、ファンデーションでベース作り。この時、気になるところがある場合はファンデーションの重ね塗りではなくコンシーラーを使いましょう。
 
次のポイントはチーク。チークは赤や濃いめのピンクがオススメ。また、自然な色が出せる練チークやクリームチークが良いでしょう。頬骨にそって優しくたたきこむことで、健康的なお肌を演出できます。
 
最後にリップですが、リップクリーム等で保湿をしてから、お肌とのバランスをみて、濃くなりすぎないよう指で叩き込むことで血色の良いナチュラルな赤みを目指しましょう。
 
赤は元気をもらえる色。せっかく暖かくなってきたのにどんよりくすんだ顔で元気がないのはもったいない!血色メイクで心もハッピーになりましょう。

他の美ワードの記事を読む

美ログ