デモデスク(顔ダニ)

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(2)

皮膚の毛穴を住処にする「デモデスク」は皮膚に存在するダニの一種で、ほぼすべての人間の皮膚に存在する寄生虫だと言われています。中でもデモデスクは「皮脂」をエサとするため、皮脂が多い「顔」に最も多く生息しているようですね。

本来、日常生活でデモデスクがお肌に悪影響を及ぼすことは少ないようですが、デモデスクが増えすぎると肌トラブルの原因となることも。

例えばデモデスクは毛穴を住処にしているため、増加すると毛穴詰まりとなり、ニキビにつながるとも言われています。また増加によってエサとなる皮脂を取りすぎて、乾燥肌を招いてしまうこともあるのです。

そしてさらには、このようにお肌が傷つくことで活性酸素が発生し、お肌の老化を進めてしまうという悪循環にも。つまり顔ダニであるデモデスクの増加を対策しなければ、知らぬ間にお肌の健康状態を損ねてしまうのではないでしょうか。

そこで、デモデスクの増加を防ぐ対策を実践してみてください。

まず、デモデスクは体調が悪い時に増加するとも言われているため、健康状態を保つことが大切です。次に洗顔でお肌の清潔を保ち、デモデスクのエサとなる皮脂の増加を防ぎましょう。

また、洗顔フォームやシャンプー・ボディーソープなどに含まれる人工的に作られた「界面活性剤」の流し残しもデモデスクにとって住みやすい環境にしてしまう原因に。この点からも、しっかり洗顔料を落とすよう洗顔をしてください。

このようにデモデスク対策は日常生活での習慣に注意するだけ。ですが、健康と清潔ということは、当たり前のようで美容の基礎なのかもしれませんね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ