カレンデュラオイル

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

すっかり春らしい気候になり、キレイなお花も目にすることが多くなってきましたね。そこで、今話題の春らしい自然由来のハーブオイル「カレンデュラオイル」をご紹介したいと思います。

カレンデュラとは、キンセンカと呼ばれる黄色いかわいらしいお花のこと。この花を乾燥させ、植物油(オリーブオイルやひまわり油など)に浸し、その有効成分を抽出させたものを「カレンデュラオイル」と言い、古くから傷に効くハーブとして愛されてきました。

注目のその効能とは、まずカレンデュラに含まれるカロテンやフラボノイドによる「皮膚や血管の回復能力」。これによってお肌にできた傷はもちろん、日焼けをしたお肌や肌荒れなどを修復し、美しいお肌への再生を助けてくれる効果が期待できるでしょう。

またカレンデュラにはタンニンが豊富に含まれているため、お肌を引き締め、シミやたるみを改善する「収れん作用」も発揮してくれると言います。そしてもちろん自然由来なので、お子さんのお肌をケアするために使う方もいるほど安全に使えるものも魅力的な注目ポイント。敏感肌や乾燥肌でスキンケア用品に悩んでいる方も、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。
    
そんなカレンデュラオイルは、もちろん販売されているものを手軽に手に入れることもできます。しかしこの時期だからこそ、カレンデュラ(キンセンカ)の花からオリジナルのカレンデュラオイルを作ってみることもオススメですよ。

実はカレンデュラの開花時期はちょうど今時期。カレンデュラのお花を摘むことができる施設もあるようなので、楽しい春のお出かけとして、美容のためのお花摘みに行ってみるのもいいかもしれませんね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ