甘酒

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(2)

江戸時代から「飲む点滴」と呼ばれる程、健康と美容に良いと言われる「甘酒」。甘くておいしいのに、美容にも効果が期待できるというのは嬉しいポイントですよね。甘酒が美容に効果的な理由は、豊富な栄養素にありました。

まず期待したいのが「ビタミンB群」。特にビタミンB2・B6は保湿効果を促し、ビタミンH(ビオチミン)はコラーゲンを作ることにも関係しているといいます。これによってハリと潤いのある美しいお肌に再生してくれることでしょう。

また酒蔵で働く人は手が白くてハリがあるという話を聞いたことはありませんか?実はお酒を作る材料「麹」に含まれる「コウジ酸」には美白効果があると言われているのです。

そのため麹が含まれたお酒を飲むことはもちろん、お肌に塗ることで白いお肌になることも期待できます。しかし甘酒には麹が含まれているものだけではなく、「酒粕」から作られているものもあるので要注意。美容効果を期待して甘酒を飲む場合には、「米麹」から作られた甘酒を選ぶようにしてくださいね。

また、米麹から作られるものをオススメしたい最大のポイントは「酵素が含まれていること」。酵素の含まれた米麹の甘酒を飲むことで新陳代謝を促す「代謝酵素」を補うことにつながるため、ダイエット効果にも効果があると言われています。しかし酵素の効果を期待して「飲む」場合には、注意点が。酵素は50度以上の高温には耐えられない特性を持っているため、加熱していない甘酒を飲みましょう。

「飲む」「お肌に塗る」と甘酒の美容活用法はあなた次第!自分にあった甘酒の活用法で、美肌もダイエット効果も手に入れてくださいね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ