顔ヨガ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(4)

顔の表情を動かすことで鍛えられる「表情筋」ですが、日常で使っているのは全体の30%程度だと言います。そしてその使っていない表情筋を鍛えることで、アンチエイジングに効果的だと今注目を浴びているのが「顔ヨガ」なのです。

最近シワ、ほうれい線、たるみなどで悩んでいる方は必見!お顔を老けて見せるそれの悩みを、表情筋のストレッチ「顔ヨガ」で解消しましょう。

中でも今回は、フェイスラインの気になるたるみ「二重あご」解消のための顔ヨガをご紹介したいと思います。まず姿勢を整え、天井を見上げるようにゆっくりと顔をあげます。そして舌を前にまっすぐ出してそのままキープ。この時舌を出す動作は3秒程度、キープも5秒~10秒程度行うと効果的だと言われています。次に同じペースでゆっくりと舌を戻し、表情も元に戻しましょう。

実は「フェイスライン」とは印象を左右するもの。「二重あご」があることで、少しだらしないイメージや老けた印象を与えることもあるようですよ。

他にもアンチエイジングの顔ヨガとしてオススメなのは「ほうれい線」に効果的な「口角拳筋」を鍛えること。唇を「0」の形にしたり、顔を膨らましたりと普段しない表情をする顔ヨガで、効果も期待できると言います。またほうれい線は、一度できると何度もできやすくなるため、表情筋を意識して鍛えることでそれを予防できるでしょう。

顔ヨガを行う際には、鍛えたい表情筋をしっかり意識して、動作やキープもカウントしながらゆっくり行うことがポイントとなるようです。また毎日継続して行うことも大事。入浴後などリラックスタイムの時にでも「顔ヨガ」を日常生活の美容対策の一つとして行ってみてはいかがでしょうか?

他の美ワードの記事を読む

美ログ