禅食(ソンシク)

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

「禅食(ソンシク)」とは、美容大国・韓国で大人気であり、日本でも数々の雑誌で取り上げられている注目の健康食品のこと。これは元々韓国の僧侶が食べていた保存用の栄養食で、30種類以上の食材を熱処理して粉末にしたものです。

これに含まれているのは、玄米・大麦・黒豆・ゴマなどの穀物をはじめ、ほうれん草・にんじんなど、栄養素が高く日本でも健康はもちろん美容にも良いという天然食材ばかりです。

この魅力的な食材が韓国で人気を浴びている背景には、最近の韓国で起きている「心も身体も健康で快適な生活を」という考えの「ウェルビーイング(well-being)」ブームがありました。そして美容大国とも言われる韓国では、健康だけではなく美容の面でも内側から美しさを作ることが必要と考えられているため、「禅食(ソンシク)」が人気となったのでしょう。

ではなぜ数ある健康食の中から、「禅食」が人気を浴びているのでしょうか?それは何といっても禅食に含まれる「豊富な栄養素」が「粉末状」という特色から、水や牛乳に溶かして気軽に摂取できるということです。

禅食に含まれる栄養素とは、まず美容にとって欠かせない「ミネラル」。そしてダイエットやデトックス排出でお肌を健やかにする「食物繊維」が大変豊富に含まれています。そして他にも美容に効果的な「タンパク質」「鉄分」などの栄養素も一度に摂取できるのは大変魅力的ですよね。

禅食は韓国のスーパーやデパートで購入できるため、これから韓国旅行に行く方は他の美容用品と共にぜひ注目してみてください。また日本でも通販などで購入できるようなので、ぜひ試してみてくださいね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ