化粧かぶれ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

化粧品を変えたら急にかゆみやブツブツ、赤みなどの症状が…。「私には合わないのかも」とそのままにしていませんか?それは化粧品を使用して起こる「化粧かぶれ」の可能性も。「合わない化粧品」だからといって他の化粧品に変えても、また同じような肌荒れ症状が起こるかもしれませんよ。

化粧かぶれには2つのパターンがあり、まず1つ目は、化粧品に含まれる化学物質や摩擦による「刺激」で起こるものです。これは体調が悪い時などバリア機能が低下している場合に起こりやすく、どんな人でもなる可能性があると言われています。

そしてもう1つは、人それぞれが持つ特定の成分に対する「アレルギー反応」によって起こるものです。つまり化粧かぶれを起こしてしまった原因は、その化粧品に含まれる特定の成分ということになります。

この場合「合わない化粧品」を使うのをやめるだけでは根本的な解決は望めないでしょう。なぜならばその化粧品をやめても、あなたが反応するアレルギー物質が、新たに使い始めた化粧品にも含まれている可能性があるから。するとせっかく新しい化粧品を使っても、それに対象の成分が含まれていれば症状を繰り返してしまうという悪循環が起きますよね。

これを防ぐためにも皮膚科医などでアレルギー反応の原因となる成分を特定し、その成分が含まれた化粧品を使わないということが大切になるのです。

安全にお肌を守りながらメークを楽しむためにも、一度化粧品アレルゲンチェックをしてみてはいかがでしょうか?

他の美ワードの記事を読む

美ログ