LEDダイオード

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

美容皮膚科にまだ行ったことない方にとって、美容治療に対する不安や疑問はつきものですよね。そこで今回は、最近美容皮膚科のメニューで安全性が高く人気の「LEDダイオード」についてご紹介したいと思います。

これはこれまでのレーザー治療や光治療の術後にみられた赤みや痛みが伴わないという、お肌へのダメージを軽減した光線治療です。そして一言にLEDダイオードといってもその種類は白色・赤色・青色と異なる特性を持つ3種類の光線があります。そのため、この3つから肌トラブルにあったものを選んで活用されているのです。

まず、「白色ダイオード」は筋肉層まで届くほどの光線到達力を持っているため、お肌のたるみやほうれい線の改善やリフトアップの効果が期待できます。またシワの改善や皮膚の代謝を向上させる働きもするため、アンチエイジングを目指す方は大注目の光線治療なのではないでしょうか。

次に「赤色ダイオード」は、お肌のくすみや目の下のくまが気になる方にオススメ。そしてコラーゲンの生成を促進する働きがあるため、お肌のハリをよみがえらせる効果があると言います。

3つ目はニキビ治療・予防に最適な治療法だと言われる「青色ダイオード」。これは光線の力でニキビの原因である「アクネ菌」を殺菌させるため、より早いニキビ改善が期待できるでしょう。また皮脂が過剰に分泌されるのを抑えたり、毛穴を収縮させる働きもあることから、ニキビ予防にも効果的だと言われているのです。

抱えるお肌の悩みは人それぞれ。あなたの悩みを改善できる、LEDダイオードの光線治療法をドクターと相談してみてくださいね。

他の美ワードの記事を読む

美ログ