ネトラバスティ

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

現代人は、パソコンの普及や携帯電話の利用になり、目の疲れを感じる人が増えてきています。

目の疲れはそのまま肩こりや頭痛に繋がるものもあり、解消できるようなトリートメント方法を探している人もいるでしょう。

そんな方にダイレクトに効く魔法のトリートメントが存在します。

それはネトラバスティというトリートメントです。

アーユルヴェーダのトリートメント方法の1つとして知られるこのケアは、温めた無塩バターを煮詰め、不純物やたんぱく質を何度も越すことで作られる純粋な動物性のオイルを眼球に直接流し込むというものです。

見た目は、刺激的で驚くような施術内容ですが、驚くほど眼が楽になった、すっきりしたという感覚を味わえることで有名です。

古くは、インドの伝承的な医学内容を持っており、目の周囲にギーと呼ばれるオイルを注ぐ施術手法をとり、眼精疲労、ドライアイ、アレルギーの改善や、エイジングケア効果として目の周囲のはりを取り戻すことも期待できます。

トリートメント内容は、まずベッドに横たわった後、目元周辺を軽くほぐすマッセージを行います。

そして目元だけでなく頭、目、耳、首すじ、肩のマッサージを行い身体全体のリラックス効果を促し、心身ともにネトラバスティを受けやすい状態に導いていくことがポイントになります。

そして、小麦粉を水で溶き、パン生地状に練り上げたものを用意して目の周りに貼り付けオイルが流れ出ないように隙間を埋めて肌に密着させます。

そしてギーを眼の周囲に注ぎ、眼球を上下左右に動かしたり、瞬きを行ないトリートメントは進んでいきます。

所要時間は20~30分で終了し価格は5000円前後と言われています。

トリートメント中は、ぼんやりとした視界になり、目に刺激はないようです。

その後はすぐに目を洗ったりせず、オイルが目を通して体内のよどんだ老廃物を包み込んで排泄してくれる働きを果たしてくれるよう安静にして効果を待つと良いです。

他の美ワードの記事を読む

美ログ