クリームパン足

更新日:2017/01/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

「クリームパン足」とは、足の指先から足首がクリームパンのようにむくんだ足のことを言います。クリームパン足の原因は、「固有筋」という足の筋肉が衰えてしまうことから。

固有筋は足の裏のアーチラインを作る筋肉で、このアーチラインは身体をバランスよく支えるために必要なものだと言われています。更には動脈や静脈、リンパを刺激することで足に必要な水分を運ぶのもこの筋肉の役目です。

つまりこの筋肉が衰えることによるデメリットはクリームパンのように足がむくんでしまうだけではなく、姿勢の悪さや血流の悪化による足の冷え、臭いなどにも影響してしまうのです。

またクリームパン足は外反母趾を生み出してしまい、好きな靴を選ぶのにも一難加えてしまうでしょう。これらはいずれもキレイを目指す人ならば、見た目や印象はもちろん美容のために避けたいですよね。

クリームパン足を解消し、見た目にも機能的にも良い足によ蘇らせるためには、衰えてしまった固有筋をほぐしたり鍛えたりすることが効果的だとされています。

固有筋のストレッチには、足指が開く着圧ソックスやフットセパレーターを活用し、セパレート部分を足の指で掴むように動作することがいいでしょう。もちろん道具を使わなくても、足の指でグーパーしたりするのもクリームパン足解消のエクササイズになると思いますよ。

最近では多くの女性がこのクリームパン足に悩んでいると言います。足の疲れを感じたり、スリッパやミュールがよく脱げるようになったら要注意。しっかりとしたクリームパン足対策でオシャレもしやすい健康な足を保ちましょう。

他の美ワードの記事を読む

美ログ