激しいダイエットが引き起こす!「ストレスと蕁麻疹」の関係とは?

更新日:2017/02/20

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

原因を特定できない強いかゆみや蕁麻疹(じんましん)は、間接的にダイエットが原因になっている場合があります。ここでは、蕁麻疹とダイエットの関係について解説します。

ダイエットのストレスが蕁麻疹を誘発する?

ダイエットにはつらい食事制限や運動など我慢しなければならないことも多い場合があり、ストレスを溜めてしまいがちです。ストレスは免疫力を低下させて健康面でさまざまな弊害を起こしますが、蕁麻疹もそのひとつにあげられます。

ストレスは、蕁麻疹を発症または悪化させる要因のひとつです。

特に、これといった原因がなく、毎日のように1か月以上にわたって蕁麻疹が出現する場合、ストレスの関与が大きいといわれています。実際、慢性蕁麻疹で病院に訪れた患者さんの約3割が「ストレス」がきっかけになっていることを自覚しています。

このように、ストレスによって発生する蕁麻疹のことを、心因性蕁麻疹と呼ぶこともあります。

引用:ヘルスケア大学

蕁麻疹に似た症状の色素性痒疹

蕁麻疹にそっくりな症状でつらいかゆみを伴う「色素性痒疹(しきそせいようしん)」もダイエットが原因の疾患だといわれています。詳しい原因は不明ですが、過度なダイエットによる血糖値が激しく変化することで発症するといわれています。

多くの女性を悩ませている色素性痒疹ですが、残念ながら詳しい原因は未だ分かっていません。しかし過度なダイエットをして血糖値に急激な変化が生じることで発生すると考えられています。

また血糖値との関係があるとすると糖尿病などの疾患も原因になると言われています。ダイエットと関係していることから若い女性に好発するとされています。さらに発汗や下着との摩擦が引き起こすとも考えられています。

引用:ヘルスケア大学

過度なダイエットは皮膚にとっても悪影響

適度なダイエットは健康にも美容にもよいものですが、ストレスを感じるほど過度になると美容と健康に悪影響をおよぼすだけではなく、蕁麻疹や肌トラブルを招いてしまいます。健康的なダイエットを心がけましょう。

他の「ダイエット」の記事を読む

美ログ