気になる「かかとの角質」。角質落とし、セルフORプロどっちにする?

更新日:2017/02/20

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

足のかかとが角質で厚くなったのを見ると、角質落としをしたい!と思いますよね。そのとき、セルフケアにするかプロに頼むかで迷ったかたもいるのではないでしょうか。今回は、足のかかとの角質落としについて上手な選び方をご紹介します。

安価アイテムでも簡単にケアできる

気になる足の角質落としは、ドラッグストアなどで入手できる、安価なアイテムでも簡単にケアできるといわれています。

・かかと専用のファイル(やすり)を使ったケア方法

まず、アイテムとしては、かかと専用のファイル(やすり)、化粧水、ハンドクリーム、サランラップです。かかと専用のファイル(やすり)は、ドラッグストアに売っている手動のもので十分です。粗い面と細かい面があって、にぎりやすいものがよいでしょう。ハンドクリームはあるものでいいですが、尿素を配合しているものもオススメです。

引用:ヘルスケア大学

サロンに行けばプロのケアが味わえる

セルフケアで満足できない方は、フットケアサロンなどプロのサロンに行ってみてもいいかもしれません。角質落としだけでなく、プラスのアフターケアもおすすめですよ。

手軽なセルフケアよりも、プロにケアしてもらいたいという方は、フットケアサロンに通ってみるのもいいかもしれません。サロンによって、アロマを使っていたり、足つぼマッサージ、デトックス、リフレクソロジーなど、色々なフットケアや全身ケアもあるため、角質ケアのみにとどまらずプラスの楽しみがみつかるかもしれません。

引用:ヘルスケア大学

セルフケアは慎重に!

セルフケアで使うアイテムは、慎重に選ばないと肌を痛めることにもなるので注意が必要です。

間違ったケア…とまではいいませんが、あまりオススメできないケアが、「軽石」や「あかすり」です。これらは、力の加減が難しく、肌を傷つけ、必要な角質まで除去してしまう可能性が高いのです。

引用:ヘルスケア大学

セルフでもプロでもはケアのし過ぎは禁物

セルフケアで済ませる場合はもちろん、フットケアサロンなどのプロにやってもらう場合でも、ケアのやり過ぎは肌を傷める可能性があるので要注意です。そして、角質を削り取る必要がないように、日々の保湿ケアも大切に、日々私たちを支えるかかとを気遣ってあげてくださいね。

他の「ボディケア」の記事を読む

美ログ