ホルモンバランスを整えるサプリメントの成分と摂取時の注意点

更新日:2017/03/17

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

ホルモンバランスを整えるためには、生活習慣を整えることが大切です。しかし、何かと忙しい現代社会では、規則正しい健康的な生活を送ることが難しい人もいるでしょう。このときに活躍するのがサプリメントです。

ホルモンバランスを整えるサプリメント

ホルモンバランスを整えてくれる成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

テアニン

冷え改善、睡眠を促す効果、PMS(月経前症候群)、更年期障害を改善する効果などが期待でき、女性の体調をトータルで整えてくれるといわれています。

アミノ酸の一種、テアニンはお茶に含まれている成分です。興奮を鎮めて緊張を和らげ、心身をリラックスさせてくれる効果があります。テアニンが脳内に入るとドーパミンやセロトニンの濃度を変化させ、血圧の降下や脳神経細胞を保護する働きがあります。

引用:ヘルスケア大学

γ-リノレン酸

γ-リノレン酸が材料となるプロスタグランジンE1には、生理痛を引き起こすプロスタグランジンE2の働きを抑え、ホルモンの分泌を整える効果があります。

また、月経前症候群の症状を感じている女性の多くが、血液中のγ-リノレン酸の濃度が低い傾向にあるとされています。

引用:ヘルスケア大学

チェストツリー

地中海やアジアに自生する植物です。「女性のためのハーブ」とも呼ばれています。

月経前症候群

(PMS)の症状を緩和する効果や、更年期障害の症状を改善する効果があります。

また、チェストツリーの果実であるチェストベリーに含まれるエキスには、女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン」の分泌を促す働きもあります。

引用:ヘルスケア大学

過剰摂取には注意が必要

ホルモンバランスを整える作用があっても、摂りすぎには注意が必要です。サプリメントは摂取前に規定量を確認し、その範囲内で摂取するようにしましょう。

サプリメントを倍摂取したからといって効果が倍になるわけではありません。過剰摂取すればさまざまな副作用や健康被害を引き起こします。あくまでも用法と用量を守って正しく摂取することが大切です。

引用:ヘルスケア大学

まずは生活習慣を見直して

ホルモンバランスを整えるためには、サプリメントだけを取っていても十分な効果は得られないでしょう。食事の内容に気をつかうなど、生活習慣を見直したうえでサプリメントを摂り、健康的な身体を手に入れましょう。

他の「エイジングケア」の記事を読む

美ログ