産後にニキビが増えてしまった!その理由と対処の方法は?

更新日:2017/03/16

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

出産をしてからニキビが増えてしまった、という経験はありませんか?そこには、女性ホルモンのバランスの乱れやストレスの影響が考えられます。産後の女性にニキビができやすい理由とケア方法をご紹介していきます。

ホルモンバランスの乱れから産後ニキビに

女性が妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が活発になりますが、出産を経るとそれらが減少してしまうため、肌トラブルを起こしやすくなるようです。

産後はこれらの女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れた状態がしばらく続きます。この状態もまた、ニキビや肌荒れを起こしやすくします。

引用:スキンケア大学

こうしたホルモンバランスの乱れに加え、育児のストレスや睡眠不足が肌荒れを招く可能性もあります。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しい日々が続き、睡眠不足になったりストレスが溜まることも多くなります。これらの影響で、肌のターンオーバー(新陳代謝)が上手くいかなくなり、古い角質が残ったり、バリア機能が低下したりして、大人ニキビができやすくなります。

引用:スキンケア大学

肌にうるおい・身体に栄養を

産後にニキビが増えてしまったら、肌に刺激が少なくうるおいを与えるタイプの洗顔料やローション、クリームなどでケアをしましょう。赤ちゃんの世話で忙しい時期だけに手短にケアができるよう、オールインワンのスキンケアアイテムを利用するのもおすすめです。加えて、バランスのよい食事をとることも大切です。

例えば、肌の調子を整えるビタミンやミネラルの欠乏、便秘の原因となる食物繊維や水分の不足などがあげられます。できるだけバランスよく栄養を摂るように心がけましょう。

引用:スキンケア大学

スキンケアと食事でニキビレスを目指して

出産・そしてその後に続く育児は、心身共にパワーがいるものです。そこへニキビが増えれば、さらなるストレスの種となってしまいかねません。シンプルなスキンケアとバランスのよい食事を心がけ、ニキビレスの肌を目指してください。

他の「スキンケア」の記事を読む

美ログ