ワントーン明るい肌へ!「鼻下の産毛」の正しい脱毛方法を伝授

更新日:2017/04/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(2)

鼻下の毛は、ついついケアを忘れてしまいがちです。毎日のメイクでリップを塗る際、毛が生えていないか確認する習慣をつけるのがベストです。彼にがっかりされてしまう前に、正しく脱毛処理する方法を確認しましょう。

ヒゲの原因は女性の「オス化」!?

働く女性や時間に追われる過酷な生活環境の中で過ごす女性が増えていく中、女性のホルモンバランスは乱れやすくなってきています。ストレスや生活習慣の乱れなどから女性ホルモンのバランスが乱れると、髪が薄くなる一方で産毛や鼻下の毛、いわゆるヒゲが濃くなる「オス化」が進行していってしまうのです。では、どのように鼻下の産毛を脱毛すべきかチェックしましょう。

ストレスや環境ホルモンの影響以外にも、過度なダイエットや、更年期になって女性ホルモンの分泌が低下し男性ホルモンの働きが優位になることでも、ホルモンバランスは乱れてしまいます。

顔の中でも、とくに鼻の下などの口まわりは男性ホルモンの影響を受けやすい部分であるため、男性ホルモンの分泌が増えることで産毛(=髭)が濃くなりやすいのです。

引用:スキンケア大学

「鼻下の産毛」正しい脱毛法は?

鼻下は形が複雑に凸凹しています。そのため、顔剃り用のカミソリでも安全に脱毛処理するのは困難かもしれません。難しい場合は、顔剃り用の電気シェーバーで脱毛するのがおすすめです。自身のやりやすい脱毛方法でキレイに処理していきましょう。

鼻の下は凹凸があるため、T字型で大きめのカミソリだと剃りにくい部分です。そのため、カミソリでケアする場合は小さいヘッドのL字型カミソリが良いでしょう。しかし、慣れていないと肌を傷つけてしまう場合もあるので、心配な方には顔そり用の電気シェーバーをオススメします。軽く刃先を肌にあてて動かすだけでムダ毛が剃れるので、肌を傷つける心配はほとんどありません。眉のお手入れができるコームや眉カバー付きのものもあるので、眉毛のケアも一緒に行いたい人にはオススメです。

引用:スキンケア大学

肌のためにも脱毛頻度を控えて

鼻下の産毛は、脱毛をしすぎてしまうと毛を濃くし、さらには肌を傷つけやすくする原因につながります。また、鼻下が赤くなってしまうことも。できれば頻度を抑え、生え始めの産毛はメイクなどで隠すようにしていきましょう。産毛が濃い、どうしても脱毛したい場合は、肌への配慮をしっかりしてあげることが重要になります。

産毛はあまり頻繁に剃ると肌の角質層にダメージを与えてしまう心配があるので、3週間に1回ぐらいの頻度で行うのが良いでしょう。鼻の下の毛が濃くなりやすいため頻度を早めざるを得ないという方は、剃る前にクリームをしっかり塗り、剃った後も保湿をしっかり行うなど、肌のケアに気を使うようにしましょう。

引用:スキンケア大学

鼻下も脱毛でツヤ肌に

鼻下や顔の産毛は、定期的に脱毛すれば、顔色がワントーン明るくなりくすみも改善していくでしょう。自身で脱毛処理するのが心配な人は、まずはクリニックやサロンで相談してみましょう。

他の「ボディケア」の記事を読む

美ログ