いつの間にかできている?頭皮にかさぶたができる原因と対処法

更新日:2017/04/21

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

頭皮にできてしまったかさぶたは、爪などではがしてしまうと、何度もくり返しできる悪循環に陥ります。なるべく触らないようにして、優しくシャンプーをすることが大切です。また、刺激の強い紫外線も避けるようにしましょう。

頭皮にかさぶたができる原因とは

何気なく頭を触ってみると、頭皮にかさぶたができていたことはありませんか?

このかさぶたの正体として最も多いのが脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)です。皮膚が荒れてカサついたり、フケが目立ったり、かゆみをともなったり、皮脂が酸化してニオイを発していることもあります。

引用:スキンケア大学

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎となる原因のひとつに、過剰分泌した頭皮の皮脂があげられます。

特に頭皮は皮脂腺の分布の多い箇所で、てかりが気になるTゾーンよりも活発に皮脂が分泌されています。分泌された皮脂はヒトや動物の皮膚に常在するマラセチア菌をはじめとする雑菌の格好のエサとなり、雑菌の分解物が炎症を起こしたり、ニオイを発したり、フケを増やす原因となります。

引用:スキンケア大学

シャンプーにより接触性皮膚炎を起こしている可能性も

使用しているシャンプーが肌に合っていない場合、接触性皮膚炎を引き起こしている場合があります。

何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分に紅斑(こうはん、赤いぶつぶつ)や丘疹(きゅうしん、皮膚の盛り上がり)、あるいは水疱(中に水をもった湿疹)といった湿疹を生じる疾患です。「かぶれ」とも呼ばれ、接触した部分とそうでない部分ではっきりと境界が見えるのが特徴的です。

引用:ヘルスケア大学

頭皮にかさぶたができたときの対処方法

頭皮にかさぶたができてしまった場合は、次のようなことに注意するようにしましょう。

かたぶたをはがさないようにする

頭皮にできたかさぶたをはがしてしまうと、もう一度かさぶたができるという悪循環に陥ります。

頭皮にかさぶたを発見しても、爪などで掻き壊さないことです。他のかさぶた同様に、自然に脱落するのに任せましょう。

引用:スキンケア大学

シャンプーやリンスを見直す

使っているシャンプーやリンスが肌に合わず、接触性皮膚炎を起こしていることも考えられます。

洗髪時には刺激の少ないシャンプーを使用し、指の腹で頭皮をマッサージするようにしっかりと洗います。ただし、こすりすぎもよくありませんから、優しく、適度に洗いましょう。

引用:スキンケア大学

頭皮を清潔に保つことが大切

頭皮にできるかさぶたの原因は、皮脂の過剰分泌が引き金となっていることが多いようです。頭皮を清潔に保ち、雑菌を繫殖させないように心がけましょう。また、頭皮にかさぶたができた場合は触らずに、自然に脱落させるようにしましょう。

他の「ヘアケア」の記事を読む

美ログ