最近増えてるかも…。抜け毛を軽減するシャンプーの方法は?

更新日:2017/04/21

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

シャンプーのときに髪の毛が抜けることは自然現象であり、シャンプーを控えることのほうが抜け毛を引き起こす可能性があります。頭皮を清潔に保つことで、健康な髪の毛を育つ環境を整えることが大切です。

抜け毛の原因とは

女性の抜け毛は、全体的にボリュームが無くなっていくのが特徴です。

女性の抜け毛は、加齢や出産によるホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ストレス、頭皮ケアを怠っていることなどで引き起こされます。健康で美しい髪を育てるには、バランスのよい食事や規則正しい生活を心がけるとともに、正しい方法でシャンプーをする、ヘッドマッサージを行うなど、日ごろの頭皮ケアも重要になってきます。

引用:スキンケア大学

シャンプーをするときの抜け毛は自然なこと

シャンプーをするときに抜け毛が多く、心配している人も多いのではないでしょうか。ですが、ある程度の本数は問題ないようです。

人間の髪の毛は約10万本あり、女性の髪の寿命は4~6年といわれています。寿命を迎えた髪の毛のほとんどがシャンプーの時に自然に抜け落ちます。そのため、シャンプー時に多量の抜け毛があるように感じるのです。一度のシャンプーで40本ぐらい抜けるのは問題ありません。

引用:スキンケア大学

抜け毛を防ぐシャンプーのポイント

少しでも抜け毛を減らすには、シャンプーのときに次のようなことに気をつけるといいでしょう。

朝にシャンプーをしない

成長ホルモンが分泌される夜に髪や頭皮を清潔にしておくことが、健康な髪に育てるためには大切です。

忙しい朝にシャンプーをすると、すすぎが不十分になりがちで頭皮にシャンプー剤が残ってしまい、炎症を起こしやすくなります。また、しっかり乾かさないで外出すると髪の毛や頭皮のためにはよくありません。

引用:スキンケア大学

指の腹を使い優しく洗う

ゴシゴシと力を入れてこすると、頭皮を刺激してしまうことがあります。

顔の皮膚と頭皮は一枚の皮でつながっています。頭皮を洗うときは顔を洗うときと同じイメージで、やさしい指使いを心がけましょう。

引用:スキンケア大学

汚れをしっかりと落とす

頭皮の汚れを溜めこむと、毛穴がつまり細菌が繫殖しやすくなります。

汚れや皮脂、整髪剤などが気になるときは、2度洗いするのもよいでしょう。1度目で表面の汚れや整髪剤をしっかりと落とし、2度目でシャンプーの量を減らして、ヘッドマッサージをするように頭皮をやさしく洗いましょう。

引用:スキンケア大学

頭皮に刺激を与えないシャンプーを使う

頭皮を清潔に保つためには、シャンプー選びも大切です。

シャンプーは界面活性剤の種類によっていくつかに分類できますが、頭皮にやさしいのはアミノ酸系のシャンプーです。髪や頭皮はタンパク質で作られており、タンパク質はアミノ酸によって構成されているからです。アミノ酸系シャンプーは洗浄力がやや弱めですが、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を適度に残しながら汚れを落としてくれます。

引用:スキンケア大学

頭皮を清潔に保って抜け毛予防を

頭皮の汚れや皮脂をそのままにしておくと、毛穴がつまりフケや抜け毛の原因になるといわれています。シャンプーでしっかりと汚れを落とし頭皮を清潔に保つことは、抜け毛予防にもつながります。今回紹介した洗い方をぜひ試してみてください。

他の「ヘアケア」の記事を読む

美ログ