仕事しながら美bodyも叶う?姿勢改善でバストアップを目指そう

更新日:2017/05/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

「最近バストが垂れてきた気がする…」そのような悩みを持つ人は少なくありません。バストの垂れは、仕事中の何気ない姿勢からきていることも。あなたの姿勢は大丈夫ですか?

バストと姿勢の関係を知ろう

まずは、バストと姿勢はどのような関係があるのかを知ることが大切です。バストを維持するためには、大胸筋だけでなく、背筋を鍛えることも重要なポイントといわれています。

バストを保つ筋肉というと、大胸筋を鍛えることをイメージする方が多いと思いますが、それだけでなく、実は背中の筋肉が大きく影響しています。ダンサーなど、常に姿勢を気にして背筋もすっと伸びている人はバストが上を向いている傾向があります。この反対で、デスクワークを長時間行う人はパソコンを使う際などに肩が内側に入ってしまい「巻き込み肩」の状態になりがちです。

引用:スキンケア大学

巻き込み肩は、バストが垂れやすくなってしまうだけでなく、体にさまざまな不調をもたらすようです。

巻き込み肩になると、背中の筋肉が硬くなり、縮んだ状態に。筋肉が縮むことで代謝が落ちて脂肪がつきやすくなり、バストは垂れやすくなります。また、姿勢が悪いと血流やリンパ液の流れが悪くなってバストを含む全身に栄養が行きわたりにくくなり、バストが小さくなってしまう原因になります。

引用:スキンケア大学

バストアップにおすすめの姿勢

きれいなバストはきれいな姿勢からつくられます。バストアップするためには、理想的な姿勢を知ることが大切です。では、どのような姿勢がよいのでしょうか。

正しい姿勢は、頭の中心から吊られているようなイメージで、背筋を伸ばして立った状態。あごは軽く引き、胸を開き、おへそに軽く力を入れて、ヒップと太ももを内側に引き締めるような感じで立ちます。正しい姿勢で立つと、肩はあがらずに、リラックスした状態で自然に下がるようになります。胸をはりすぎると腰がそってしまい、腰痛の原因にもなるので、気をつけましょう。

引用:スキンケア大学

このような姿勢は、座っていても同じことが言えるでしょう。

定期的に美姿勢を思い出して

仕事で長時間パソコンへ向かっていると、知らない間に姿勢が悪くなりがちです。トイレに立ち上がった時などに美しい姿勢を思い出し、意識して姿勢を正す習慣をつけましょう。毎日少しずつでも続けていけば、正しい姿勢をキープできるようにでしょう。

他の「ボディケア」の記事を読む

美ログ