今日は、「仰向け割り座のポーズ」で足の疲れをスッキリ。

更新日:2017/06/19

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(5)

楽しかった週末もあっという間に終わり、今日は月曜日。なかなか切り替えられない週末モードからスイッチをオンにするには、下半身の血流をよくして気分をスッキリさせてくれる、こんな簡単ヨガもおすすめです。
正座の状態で太ももを開きお尻を落とす姿勢が「割り座」。ご紹介する「仰向け割り座のポーズ」は、その割り座の状態から体を後ろに倒します。体の前面もストレッチでき、内臓をリラックスさせる効果も期待できますよ。

<実践のコツ>

・正座の姿勢から太もも、ふくらはぎを外に開き、お尻を床に落として割り座になります。
・ そのままゆっくり仰向けになります。肩ひじずつ床につけて体を倒していくと比較的スムーズに倒せます。完全に仰向けにならず、背中に座布団などを入れて少し角度を入れる方法も。
・正座が難しい人や、ひざや足首に痛みのある人は無理せずに。

骨盤底筋を鍛えるヨガポーズ

便秘解消にもヨガ!効果的な理由と腸ヨガの実践方法

他の「ボディケア」の記事を読む

美ログ